横浜で会社設立するにはどうすればいい?専門家は必要?詳しく解説します!

横浜で会社設立するにはどうすればいい?専門家は必要?詳しく解説します!

これから横浜で会社設立を検討している方は、手続きや費用のことなどで不安を感じる人が多いかもしれません。

正しい知識を得てしっかりと準備をした上で会社設立を進めたいものです。

そこで、横浜で会社設立する際に重要なポイントについて解説します。

横浜で会社設立する際の参考にしてください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

横浜で会社設立をするのにかかる費用

横浜で会社設立をする際にどのような費用がかかるのか紹介しましょう。

会社設立の法定費用

会社設立をする際には以下のような法定費用が発生します。

  • 定款の印紙税
  • 定款の認証手数料(株式会社のみ)
  • 登録免許税

定款の印紙税は4万円です。

ただし、電子定款を選択すると印紙税は発生しないため節約できます。

株式会社の場合は定款の認証という手続きが発生します。

定款の認証手数料は資本金の金額によって異なり、3万円から5万円です。

登録免許税は登記手続きをする際に発生する税金であり、株式会社と合同会社で異なります。

株式会社の登録免許税は15万円と「資本金の金額の0.7%」のうち高い方です。

一方、合同会社の登録免許税は6万円と「資本金の金額の0.7%」と比較して高い方とされています。

したがって、合同会社の方が登録免許税は低いです。

他にも定款の謄本手数料などの費用も発生します。

法定費用を合計すると株式会社は約25万円、合同会社は約11万円と考えて良いでしょう。

資本金

資本金は会社の出資者が出し合うお金のことです。

最低金額は1円から設立できるのですが、運転資金となるためまとまったお金を用意しましょう。

一般的には200万円から300万円程度の資本金を用意する会社が多いです。

体外的な信用度に影響して、融資の審査の際にも資本金の金額は重視されます。

事業の準備をするための費用

これから事業の準備をするためにさまざまな費用がかかります。

まず、事務所を用意するための費用です。

物件の契約をするための初期費用から月々の家賃や光熱費まで念頭に入れましょう。

ただし、自宅を事務所として利用する方法もあり、この場合は費用を大きく節約できます。

他にも事業で必要になる設備や機器、備品などを揃えるための費用が発生します。

設備については新品で購入するとお金がかかるため、レンタルやリースで利用するという方法もあります。

広告宣伝をするための費用も重要です。

新聞の折込チラシやポスティング、看板、オンライン広告などさまざまな方法で広告宣伝ができます。自社のホームページを用意することも大切です。

事業の内容によっては人手が必要になるケースがあり、採用費用や人件費も無視できません。

人を雇うためには多くのお金がかかるため、人を雇うかどうかは慎重に判断するべきです。

事業の準備にかかる費用は、これから展開する予定の事業内容によって大きく異なります。

会社設立をする前に、事業の準備のためにどの程度の費用がかかるのか見積もっておきましょう。

専門家への報酬

自分たちでは解決できない問題については専門家に依頼することになります。

たとえば、会社設立の手続きを専門家に代行してもらうケースがあります。

また、会社設立後も、税務や会計などの業務については専門的な知識が求められるため、専門家に依頼するケースは多いです。

税理士などの専門家と顧問契約をするケースもあります。

顧問契約する場合は顧問料を負担しなければいけません。

このようにさまざまな場面で専門家を利用することが多く、その際には専門家に支払う報酬が発生するため注意しましょう。

資金繰りに困ったときは創業融資を活用しよう

横浜で会社設立をするとさまざまな費用が発生するため、資金繰りに困るケースが多いです。

少ない資金を補うための方法として創業融資の利用はおすすめできます。

日本政策金融公庫による創業融資は有名であり、多くの中小企業が利用しています。

ただし、創業融資は要件を理解してしっかりと対策しないと通らない可能性があるため注意しましょう。

創業融資について相談したい方は経営サポートプラスアルファにお任せください。

創業融資を利用するためのサポートをいたします。

お気軽に経営サポートプラスアルファまでご連絡ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

横浜で会社設立をする流れ

横浜で会社設立をする際の流れについて紹介します。

まずは専門家に相談をする

会社設立に関してまずは専門家に相談をしましょう。

専門家であれば、そもそも会社設立をするべきか判断するところからアドバイスしてくれます。会社設立をする上でのさまざまなリスクを指摘してもらい、対策についての提案を受けることも可能です。

事業計画や資金計画を立てるためのサポートも受けられるでしょう。

専門家に相談することで損をしない会社設立を実現できます。

定款を作成する

会社設立で最初にするべきことは定款の作成です。

定款は会社のルールや重要事項を記載したものです。

定款に記載する事項の中には、定款で言及することで効力を発揮する事項もあります。

会社設立の問題を防ぎ、経営を円滑に進めていくために定款の内容を慎重に検討しましょう。

定款には法人名や事業目的、本店所在地といった基本的な事項から役員の任期や株式の発行、運営方法の決定まで多くの事項を記載します。

専門家に相談すれば、定款に記載すべき事項について提案してくれるでしょう。

資本金の払込みや法人印の作成などを行う

会社設立の際には資本金を用意する必要があります。

資本金は代表の個人口座に払込みして、振込口座の通帳のコピーなどを用意します。

会社設立後に法人口座を開設してから資本金を移す必要もあります。

また、会社設立をする際に法人印を作成するのが一般的です。

法人用の印鑑があれば、さまざまな場面で活用できます。

自分たちで法人印を用意して、登記申請の際に印鑑届出書を添付すれば良いです。

会社印鑑セット専門店『安いんかん』

法務局に登記申請をする

会社設立で必要な書類を用意したならば、本店所在地を管轄する法務局に書類を提出しましょう。

登記申請をした日が会社の設立日になります。

提出した書類の内容に問題がなければ、2週間程度で法人登記が完了します。

会社設立後に必要な手続き

会社設立をした後は、税務署や市町村役場に法人設立届出書を提出します。

また、法人には社会保険の加入義務があるため、年金事務所で社会保険関連の申請をします。

従業員を雇う場合には労働保険の加入手続きも必要です。

法人登記が完了すれば、法人口座を開設できるようになるため、金融機関に申請しましょう。

許認可が必要な事業を行う場合は、会社設立後に許認可申請の手続きをします。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

横浜で会社設立を自分で行うべきか?

横浜で会社設立をする際に手続きを自分たちだけで進めるべきか解説します。

自分で会社設立をするのはリスクがある

会社設立を自分で行うのは以下のようなリスクがあります。

  • 手続きでミスが発生する
  • 設立費用を節約できない
  • 節税対策ができない
  • 時間がかかる

自分で調べながら手続きをしてもミスが発生する可能性があります。

また、電子定款の作成などに対応できず設立費用を節約できないこともあるでしょう。

税金の知識が不足しているために節税対策できないこともあります。

自分で手続きをするのは慣れていない作業をするため時間がかかる点もリスクです。

これらのリスクがあることを理解した上で自分で会社設立するべきかよく考えましょう。

専門家に会社設立を依頼するべき理由

横浜で会社設立する際には専門家に相談することをおすすめします。

下記のようなメリットがあるからです。

  • 素早く手続きを進められる
  • 手続きのミスを避けられる
  • 節税対策ができる
  • 設立費用を節約できる
  • 会社設立後もサポートを受けられる

書類の準備などは専門家にすべて丸投げすれば、素早く準備を進めてもらえます。

手続きでミスが発生するのも避けられるでしょう。

専門家に相談すれば節税対策の方法を提案してもらえます。

電子定款の作成などで設立費用を節約することも可能です。

専門家には会社設立後もサポートを受けられるでしょう。

許認可申請や創業融資の利用、会計や税務の手続きなどで専門家の力を借りられます。

会社設立の際にはぜひとも専門家に相談しましょう。

横浜で会社設立の専門家をお探しの方は経営サポートプラスアルファにご相談ください。

24時間いつでも問い合わせを受け付けており、税理士法人として会社設立をサポートいたします。

まずは経営サポートプラスアルファまでご連絡ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立の専門家の選び方

会社設立の専門家を選ぶ際のポイントを紹介します。

対応できる業務を調べる

専門家ごとに対応できる業務や得意としている業務は異なります。

会社設立を依頼する際には、資金繰りや許認可申請、税金対策など会社設立以外のことも含めて相談することが多いです。

これから相談する専門家がどのような業務に対応できるのかよく確認しましょう。

他の士業と連携できるかチェックする

会社設立にはさまざまな手続きがあり、中には特定の士業にしか対応できない業務があります。

たとえば、登記申請ができるのは司法書士のみです。

許認可申請は行政書士が担当できます。

そのため、会社設立の代行サービスを提供している業者は他の士業と連携しているケースが多いです。

税理士法人でも、司法書士や行政書士と連携しているなら、会社設立に関連するあらゆる手続きをワンストップで対応できます。

対応エリアを確認する

これから相談する専門家がどのエリアに対応しているのかよく確認しておきましょう。

特定のエリアでしか対応していない専門家もいます。

最近はオンラインで会社設立の依頼を受ける専門家が増えており、この場合は全国各地どんなエリアでも対応しているケースが多いです。

電子定款の作成に対応しているかは重要

会社設立の費用を節約したいなら、電子定款を選ぶことが大切です。

電子定款によって、印紙税4万円分を節約できます。

電子定款を作成するには、電子証明書が付与されているマイナンバーカードや電子証明書を読み取る機器、PDF署名プラグインソフトなどが必要です。

電子定款の作成に対応している専門家に依頼すれば、自分で機器やソフトを用意せずに電子定款を作成できます。

ホームページ作成に対応してくれると便利

会社のホームページはとても重要です。

会社について気になる人はまずホームページをチェックして情報を集めます。

ホームページが会社の魅力や強みなどをわかりやすくアピールする内容になっていれば、高い集客効果を期待できてビジネスにも大きく寄与するでしょう。

ただし、ノウハウがないとホームページ作成は難しいため、専門家に相談することをおすすめします。

ホームページ作成についてお悩みの方は経営サポートプラスアルファにご相談ください。

さまざまなプランを用意しています。

まずは経営サポートプラスアルファまでお問い合わせください

ホームページ,作成,費用
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

横浜での会社設立は経営サポートプラスアルファにご相談ください!

横浜で会社設立をする際には必要な費用や手続きなどに注意しましょう。

自分で設立するのは大変なため、専門家に相談することも大切です。

専門家と協力しながら会社設立を進めることで、損をしない形で会社設立を実現できます。

横浜で会社設立を助けてくれる専門家をお探しならば経営サポートプラスアルファをチェックしてください。

設立代行に対応しており、税理士法人のため税金関係や資金繰りなどの相談にも対応できます。

何度でも無料相談できる経営サポートプラスアルファまでいつでもご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
横浜で会社設立するにはどうすればいい?専門家は必要?詳しく解説します!
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。