東京で会社設立するには?専門家に依頼するべき?注意点を解説!

東京で会社設立するには?専門家に依頼するべき?注意点を解説!

これから会社設立するとなると自分で手続きを進めるのではなく専門家への依頼を検討する方は多いでしょう。

しかし、誰に依頼すればいいのか、どんな点に注意するべきかわからないと困ります。

そこで、東京で会社設立する際に専門家にどのように依頼するべきか、どのくらいの費用がかかるかなど気になるポイントを紹介しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

東京で会社設立するなら専門家に依頼しよう

東京で会社設立する際に専門家に依頼するべき理由について紹介します。

自分で手続きをすると手間がかかる

会社設立の手続きを自分ですることは不可能ではないのですが手間と時間がかかります。

どんな手続きが必要なのか調べるところから始める必要があり、多くの書類を準備するのに手間取ることが多いです。

自分で手続きをすることで会社設立の完了が遅れてしまうリスクがあります。

手続きに誤りがあれば修正する必要があり、否認されてしまう恐れもあるのです。

自分で会社設立をすると損をするケースがある

会社設立を自分でするのは難しいだけではなく、損をするかもしれないというリスクがあります。

知識がないとさまざまな対策ができなくなるからです。

たとえば、会社設立の際には節税対策として法人設立日や設立月、資本金の金額などを調整することがあります。

これらの知識がないと余計に多くの税金を支払うことになるのです。

定款に含める内容に関しても将来のトラブルを防ぐためにさまざまな対策をしておくことができます。

しかし、知識がないとどのような条項を定款に含めるべきか判断することができず、会社設立の仕方で損をするケースが出てくるのです。

専門家に依頼するメリット

会社設立を専門家に依頼することで多くのメリットがあります。

下記のようなメリットが考えられるでしょう。

  • 手続きの手間と時間を節約できる
  • 手続きの費用を節約できる
  • 節税対策ができる
  • 将来のトラブルに対して未然に対策を取れる
  • 正しい手続きができる

専門家に依頼すれば、すべての手続きの準備を丸投げすることができます。

そうすれば自分たちで手続きの準備に手間取ることがなくなり、多くの時間を節約できるのがメリットです。

また、専門家に依頼することで節税対策ができるようになります。

さまざまな節税対策を提案してもらうことができ、できるだけ税金を抑える形で会社設立ができるのです。

専門家であれば電子定款の作成にも対応しているケースが多いため、会社設立の手続きの費用の節約もできます。

専門家に相談することで会社設立後の将来に起きるトラブルやリスクについて教えてもらい、未然に対策を取れるのもメリットです。

特に定款の内容は将来のリスクにつながるため、専門家と相談した上でじっくりと内容を検討することをおすすめします。

専門家に頼めば正しい形で手続きを進められるでしょう。

そのため、最短期間で会社設立を完了することができます。

専門家の助けを得ることで手続きのミスがなくなり、修正や否認されることもなくなるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

東京で会社設立に対応してくれる専門家

東京で会社設立をする際に相談できる専門家の候補を紹介しましょう。

税理士

税理士は税金の専門家として会社設立から設立後の業務までサポートしてくれるのが特徴です。

税理士に相談すると節税対策や資金繰りのサポートを受けられます。

また、設立後には記帳や給与計算、年末調整といった経理業務についてのサポートも受けられるのがメリットです。

顧問契約を前提として会社設立に対応してくれる税理士はたくさんいます。

税理士は他の士業とネットワークを持つケースが多いため、税理士に対応できない登記業務なども依頼できるケースが多いです。

行政書士

行政書士は役所での手続きの専門家です。

会社設立関連では許認可申請の手続きについて専門的に対応することができます。

また、定款の作成などでもサポートを受けることが可能です。

ただし、行政書士には登記手続きは依頼できないため注意しましょう。

司法書士と連携を取っている場合は登記手続きの代行を頼むことは可能です。

司法書士

司法書士は登記手続きのプロです。

会社設立の登記手続きについて専門的に対応してくれるでしょう。

定款作成などのサポートを受けることもできます。

また、会社設立の際に不動産の移転手続きなどを行う場合も司法書士に依頼することが可能です。

弁護士

弁護士は法律の専門家として会社設立をサポートしてくれます。

会社設立の際に将来の法的トラブルを未然に防ぐための方法を提案してくれるでしょう。

定款作成などの際にも法的トラブルを防ぐという観点からサポートします。

ただし、実際のところ弁護士が会社設立の依頼に応じるケースは少ないです。

中小規模の法人を設立する際には、弁護士以外の士業に依頼するのが一般的でしょう。

弁護士は他の士業と比較すると報酬も高めです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

東京で会社設立をする流れ

東京でこれから会社設立をする際の流れについて解説します。

専門家に相談をする

まずは専門家に相談しましょう。

税理士など士業のうちどの専門家に相談をするのか事前に考えておいてください。

また、それぞれの専門家は無料相談に対応していることが多いです。

最初は無料相談で話を聞いてみて、信頼できそうな専門家に本格的に相談をして会社設立を依頼すると良いでしょう。

そのため、専門家に相談をする前に会社設立に関して希望をまとめておくことをおすすめします。

定款を作成する

会社設立をする際には必ず定款を作成しなければいけません。

定款は会社の基本的な規則などを定めたものです。

事業目的や会社名、本店所在地といった事項は必ず記載します。

それ以外にも、さまざまな事項を記載することができるのが特徴です。

定款の内容を工夫することで将来のトラブルを未然に防ぐことができます。

専門家であれば、いろいろな場面を想定して定款の内容を提案してくれるでしょう。

法人印鑑の作成や資本金の払込み、印鑑証明書の準備などを進める

会社設立の専門家に依頼したとしても、自分でやらなければいけない手続きはいくつかあります。

法人印鑑の作成や印鑑証明書の準備、資本金の払込みなどです。

準備するべきものについては専門家の指示にしたがいましょう。

登記申請をする

申請書類を準備したならば、本店所在地を管轄する法務局に登記申請をします。

登記申請は窓口で行うか郵送、あるいはオンラインで申請する方法まであります。

専門家に任せれば、最適な方法で登記申請を進めてくれるでしょう。

通常、申請してから2週間程度で登記手続きは完了します。

会社設立後にするべきこと

会社設立後にしなければいけない手続きはたくさんあります。

税務署や市区町村役場、年金事務所、ハローワークなどでの手続きです。

また、法人口座の開設をする必要もあります。

さらに事業の準備として採用活動や広告宣伝などもしなければいけません。

専門家のサポートを受けて、事業を始めるための準備を進めましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

東京で会社設立するのにかかる費用

東京で会社設立した場合に発生する費用を紹介します。

法定費用がかかる

会社設立の手続きを進めるために必ず法定費用がかかります。

定款の印紙税、定款の認証手数料、法人登記の登録免許税などです。

株式会社の場合は約25万円、合同会社では約11万円かかります。

資本金を用意しなければいけない

どんな会社でも必ず資本金を用意する必要があります。

現在の法律では資本金の最低金額は1円です。

ただし、資本金は運転資金として重要な役割を果たし、体外的なイメージにも関わり、融資の審査にも影響します。

資本金の金額は専門家とよく相談をして慎重に決めましょう。

一般的には200万円から300万円程度のお金を用意します。

専門家を利用する場合の費用

会社設立の手続きを専門家に任せる際には報酬を支払う必要があります。

どの専門家に依頼するのか、どんな業務を頼むのかによって費用はかなり異なります。

基本的には5万円から10万円程度かかるでしょう。

創業融資を活用しよう

会社設立をすると資金不足に陥ることがよくあります。

そんなときに資金繰りの助けになる制度として創業融資はおすすめです。

日本政策金融公庫による創業融資は特に人気があります。審査があるため、しっかりと準備をしてから申請しましょう。

創業融資のサポートを求める方は経営サポートプラスアルファにご相談ください。

創業融資対策を提案いたします。

まずはお気軽に経営サポートプラスアルファにご連絡ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

東京で会社設立する際に知っておきたいポイント

東京で会社設立をする際に知っておきたいポイントを紹介します。

専門家に会社設立代行を無料で対応してもらう方法

専門家への報酬を節約する方法として、顧問契約を前提として依頼することで設立代行費用を0円にすることが可能です。

しかし、この場合は顧問契約に最低期間が設定されており、顧問契約をしている間は顧問料を支払います。

顧問契約のプランを選ぶ際には、本当に信頼できる専門家なのかよく考えて判断してください。

定款は電子定款を選ぶことで節約できる

定款の作成方法には紙と電子定款の2種類があります。

このうち紙の方には印紙税がかかるのですが、電子定款には印紙税が発生しません。

電子定款を選ぶことで印紙税4万円分を節約できます。

ただし、電子定款を作成するにはパソコンで定款を作成して、PDFファイルに電子署名を付与する必要がありソフトを使います。

電子署名のためにはマイナンバーカードを取得する必要があり、電子証明書の情報を読み取るための装置も必要です。

専門家に依頼する場合は、必要なソフトや装置もすべて用意してくれます。

自宅を事務所として活用すれば費用の節約になる

会社設立の費用を抑える方法として自宅を事務所として活用するケースは少なくありません。

自宅を事務所にすることで新しく事務所を借りる必要がなくなり、初期費用や月々の家賃などを節約できます。

小さい規模の事業を始めるならば、無理にオフィスを借りる必要はありません。

専門家を選ぶ際のポイント

会社設立の専門家を選ぶ際に下記のポイントを意識しましょう。

  • 会社設立の実績
  • 料金
  • 対応業務
  • 対応エリア
  • サポート体制

これまでに会社設立のサポートをしてきた実績が豊富な専門家に依頼しましょう。

料金や対応可能業務、対応エリアについて調べることも忘れないでください。

オンライン上でサポートしてくれる業者やLINEでの相談に対応している業者などもあります。

会社設立の専門家をお探しならば経営サポートプラスアルファにご依頼ください。

会社設立の実績が豊富であり、税理士法人としてプロがしっかりと対応します。

まずは経営サポートプラスアルファまでご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

東京で会社設立したいならば経営サポートプラスアルファにお任せ!

東京で会社設立を進める際には専門家の利用を考えましょう。

自分で設立するとリスクが多く損をする可能性があるため、専門家に相談することをおすすめします。

そうすれば、納得できる形で会社設立を実現できるでしょう。
会社設立で専門家を利用したい方は経営サポートプラスアルファまでご相談ください。

経営サポートプラスアルファはオンライン対応しており、土日祝日にも対応いたします。

お気軽に経営サポートプラスアルファへお問い合わせください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
東京で会社設立するには?専門家に依頼するべき?注意点を解説!
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。