オンラインで会社設立できるのか?必要なものは?オンラインで会社設立する方法を紹介!

オンラインで会社設立できるのか?必要なものは?オンラインで会社設立する方法を紹介!

これから会社設立をする際には、事業の準備や営業活動などをしながら会社設立の手続きをする必要があります。

そのため、紙の書類を提出するのではなくオンライン上で会社設立の手続きを済ませたいと考える人は多いです。

そこで、オンラインで会社設立を進めるための方法や注意点などについて解説します。

オンラインで会社設立をするとは?

会社設立の手続きはオンラインで行う方法と最寄りの法務局で直接手続きする方法があります。

最寄りの法務局に申請する場合は、紙の書類を持参するか郵送するかしなければいけません。

一方、オンラインで会社設立する場合は自宅からデータを送信して申請できます。

デジタル庁は会社設立に必要な手続きをまとめてオンライン上で申請できるシステムを用意しています。

マイナンバーカードを用いることでオンラインでの申請を簡潔でスピーディーに行うことが可能です。

「法人設立ワンストップサービス」という名称のシステムがあり、自宅にいながらにして手続きを行えます。

また、オンライン上で専門家に依頼をして会社設立するという方法もあります。

オンライン上で専門家とやり取りをして、必要書類などの準備も任せて、手続きの代行をしてもらうのです。

「法人設立ワンストップサービス」の利用の仕方がわからない人も、専門家がすべて対応してくれるため安心して依頼できます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

オンラインで会社設立をするメリット

オンラインで会社設立をするメリットについて紹介します。

交通費と移動時間を節約できる

オンラインで会社設立をすれば、交通費と移動時間を節約できます。

法務局で直接登記手続きをするためには、法務局まで向かう交通費と移動時間がかかります。

できるだけ会社設立の費用を抑えたい人や、事業の準備に忙しくて余計な時間を取られたくない人にとって、オンラインでの会社設立は大きなメリットがあるのです。

すぐに相談できる

オンラインで専門家に相談をして会社設立をする場合は、いつでもすぐに相談できるのがメリットです。

ネット上ですぐにやり取りをして疑問点や不安点を解決できます。

忙しい人でも、ちょっとした隙間時間を活用して相談できるため便利です。

オンラインで相談する場合は、時間や場所にとらわれずに専門家の力を借りることができます。

近くに専門家がいなくてもサポートを受けられる

オンライン対応している専門家を利用する場合は、全国各地のどこに住んでいたとしてもサポートを受けることができます。

基本的に専門家は都心部に多く集まっている傾向にあるため、地方や田舎で会社設立したい場合は、近くに専門家がいなくて困る場面が多いです。

このようなケースでも、オンラインで相談できる専門家を利用する場合は、どこからでもすぐに相談することができ、会社設立のサポートを依頼できます。

面談ツールを利用してわかりやすくやり取りできる

オンライン上で会社設立を専門家に相談する際には面談ツールを利用するケースが多いです。

最近は無料で利用できる面談ツールがたくさんあります。

面談ツールを利用すれば、オンライン上で顔を合わせて話をすることが可能です。

しっかりと専門家の顔を確認して相談できるため安心できるでしょう。

スマホやLINEでの相談に対応してくれるサービスもある

オンライン対応しているサービスの中には、スマホやLINEでの相談を受け付けているケースもあります。

そのため、移動時間などのちょっとした時間を活用して気軽に相談することが可能です。

会社設立の基本的な点やサービス内容の詳細などについて、スマホやLINEですぐに返信してもらえます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

オンラインで会社設立をするための準備

これからオンラインで会社設立をするために準備しておくべきものを紹介します。

印鑑証明書や法人印などは自分で準備する必要がある

専門家に書類作成を代行してもらう場合でも自分で準備しなければいけないものはたくさんあります。

まず、発起人の印鑑証明書を用意しましょう。

また、会社専用の印鑑を作成するならば、法人印を用意する必要があります。

他にも資本金や法定費用を支払うためのお金なども必要です。

株式会社と合同会社のどちらを設立するのか、機関設計をどうするのかによっても必要なものは変わります。

専門家に相談をして何を準備するべきか確認しておきましょう。

前もって発起人と相談をして重要事項を決めておく

会社設立をする際には定款で会社の重要事項を定めます。

そのため、前もって発起人同士で話し合いをして重要事項を決めておくことが重要です。

自分たちの希望をまとめておくと専門家からアドバイスをもらいやすくなります。

法人名や本店所在地、事業目的、資本金の金額といった設立事項を決めましょう。

資本金の払込みを証明する書類を準備する

オンラインで会社設立をする場合でも、資本金の払込みは自分たちで行う必要があります。

発起人の個人口座に資本金と同額のお金を入金するのが一般的です。

口座に入金されたことを証明できる書類を用意して専門家に渡しましょう。

振り込み内容を確認できる通帳のコピーを用意すると良いです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

オンラインで会社設立をする流れ

実際にオンラインで会社設立を進める際の流れを紹介します。

オンラインで無料相談をする

まず専門家に相談をしましょう。

会社設立の専門家の多くは無料相談に対応しています。

気になる専門家を見つけられたならば、気軽に無料相談をしましょう。

オンライン上で相談に対応してくれる専門家は多いです。

サービスの詳細や料金などについて疑問点をしっかりと解決してください。

また、会社設立の希望などを伝えて、どのような提案をしてくれるのか注目しましょう。

正式に依頼をする

いろいろな専門家に相談してみて、本当に信頼できる専門家を見つけられたならば正式に依頼しましょう。

依頼をする際もやり取りはすべてオンライン上で完結することが可能です。

ただし、依頼前に対応業務内容や料金などを細かくチェックしておきましょう。

不明点がないことを確認してから契約するべきです。

印鑑証明書や法人印、資本金の払込みは自分でする

オンラインで専門家に会社設立を依頼する場合でも、自分でやらなければいけない手続きはいくつかあります。

発起人の印鑑証明書の準備や法人印の準備、資本金の払込みなどを自分たちで済ませましょう。

その他、必要なものがあれば専門家が教えてくれるため、指示通りに準備を進めると良いです。

会社印鑑セット専門店『安いんかん』

書類作成を代行してもらう

専門家に依頼をしたならば、さっそく会社設立の書類作成を代行してもらいましょう。

記入項目に関していくつか質問される場合があります。

会社の設立事項などはあらかじめ決めておいて伝えましょう。

自分たちで決められない点については専門家と相談をした上で決めていくと良いです。

専門家であれば書類作成を短期間で終わらせてくれます。

登記申請をする

会社設立の登記申請に必要な書類の作成が終わったならば、登記申請をします。

登記申請まで専門家に任せることが可能です。

登記申請をした後は2週間程度で手続きが完了します。

会社設立後のサポートまで行ってくれるサービスは多い

登記申請を終えた後も必要な手続きがいくつかあります。

税務署や市町村役場、年金事務所などでの手続きが必要です。

会社設立の専門家の場合は、会社設立後のサポートまで対応してくれるケースが多いです。

会社設立後の手続きまで対応可能なサービスを利用しましょう。

会社設立の専門家をお探しならば経営サポートプラスアルファにご相談ください。

会社設立をオンラインで総合的にサポートいたします。

いつでも経営サポートプラスアルファまでお問い合わせください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

オンラインで会社設立を依頼する際の注意点

オンラインで会社設立を依頼するときに注意すべき点を紹介します。

対応してくれる業務の範囲を確認しておく

オンラインで対応してくれる業者が具体的にどの範囲の業務まで対応できるのか確認しましょう。

業者によって対応可能な業務には違いがあるからです。

たとえば、電子定款に対応していないケースもあります。

会社設立後の手続きに対応できないサービスもあるのです。

業者に頼みたい業務にきちんと対応してくれるかどうか事前に確認しておきましょう。

利用料金を確認する

オンラインで会社設立してくれる業者はたくさんあり、それぞれ料金設定は異なります。

依頼する業務の内容によっても料金は変わります。

事前にホームページで料金をチェックするだけではなく、必ず見積もりをもらいましょう。

また、顧問契約を前提として会社設立の代行費用を0円にする業者は多いです。

この場合、顧問契約の最低期間が定められており、顧問契約をしている間は顧問料を支払う必要があります。

代行費用が0円でも顧問料によっては損をするケースもあるため、慎重に検討しましょう。

会社設立のメリットだけではなくリスクも理解しておく

そもそも会社設立を本当にするべきかどうか事前に考えておきましょう。

会社設立にはメリットだけではなくリスクもあるからです。

たとえば、会社設立のリスクとして下記のような点があるため注意しましょう。

  • 事務手続きの負担が増える
  • 解散するには費用がかかる
  • 赤字でも税金が発生する

会社設立をすると個人事業主よりも会計や税務の事務作業が煩雑になります。

法人はより厳密な帳簿手続きが求められ、税制も複雑になるためです。

また、法人は解散するためにも費用がかかる点に注意しましょう。

法人は赤字の場合でも税金が発生する点もリスクといえます。

このようなリスクがあることを踏まえた上で会社設立を検討してください。

ホームページ作成代行などに対応してくれるサービスもある

会社設立をする際には広告宣伝が大切です。

そのためにはしっかりとしたホームページを作成することが重要になります。

多くの人はホームページを通じて会社の情報を得るからです。

しかし、ホームページの質が悪いと必要な情報を得ることができず、会社にとってマイナスになります。

そこで、質の高いホームページを作成するためにホームページ作成代行のサービスを利用するのです。

これから会社設立の専門家に依頼する際には、ホームページ作成代行に対応してくれる専門家を利用すると良いでしょう。

経営サポートプラスアルファであれば、ホームページ作成代行も対応できます。

いつでもお気軽に経営サポートプラスアルファまでご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

オンラインでの会社設立は経営サポートプラスアルファにお任せ!

オンラインで会社設立を済ませたいならば、専門家に相談すると良いでしょう。

オンライン上のやり取りだけで会社設立を丸投げすることが可能です。

面倒な手続きをすべて任せることができ、実際に会う必要もないため、オンラインで専門家に依頼するのはメリットがたくさんあります。

オンラインでの会社設立に対応した専門家をお探しならば経営サポートプラスアルファをご利用ください。

全国対応しており、いつでも無料相談を受け付けています。

まずは経営サポートプラスアルファまでお気軽にご連絡ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
オンラインで会社設立できるのか?必要なものは?オンラインで会社設立する方法を紹介!
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。