化粧品で起業はどうすればいい?起業の流れや費用、資格、注意するべき点などを解説!

化粧品で起業はどうすればいい?起業の流れや費用、資格、注意するべき点などを解説!

化粧品の販売で起業する人はたくさんいます。

コスメはニーズの高い商品であり、インターネットを活用して気軽にマーケティングできるため、化粧品販売で起業するのは難しいことではありません。

実際に化粧品の起業を検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで、化粧品販売で起業するための流れや費用、必要な資格、注意点などについてまとめました。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

化粧品の起業について

化粧品で起業するとはどういうことか説明しましょう。

海外から化粧品を仕入れて販売する

化粧品で起業するパターンの1つとして海外から化粧品を仕入れて販売するという方法があります。

海外ブランドの化粧品は安定した人気があるからです。

基本的に海外から仕入れた方が国内で購入するよりも安くなっています。

国内では人気で品薄になっている化粧品を上手く海外から仕入れることができれば、大きな売上を期待できるでしょう。

ただし、海外から化粧品を輸入して販売する場合には、国内の化粧品の基準を満たしているか確認することが大切です。

成分によっては国内での販売が禁止されるケースもあります。

厚生労働省のホームページをチェックして成分を細かく確認することが求められるのです。

自社でオリジナル化粧品の開発・販売を行う

起業して自社でオリジナルの化粧品を開発して販売するという方法があります。

起業して化粧品を1から作る場合は、他にはないオリジナルブランドの化粧品を販売できるのがメリットです。

ニーズがあり、他の化粧品との差別化を図ることができれば、人気化粧品として売り出せる可能性があります。

ただし、起業してオリジナルの化粧品を開発するのはハードルが高いです。

そのため、化粧品OEM会社に依頼するというケースもよくあります。

化粧品OEM会社とは、化粧品の受託製造をしてくれる会社のことです。

これならば化粧品開発のノウハウがない状態で起業しても、オリジナルの化粧品を開発できます。

化粧品の卸売をする

起業して国内で販売されている化粧品の卸売をするという方法もあります。

日本で販売される化粧品を仕入れて卸売をするのに特別な許可は必要ありません。

すでに日本で販売されているものであれば、成分表を確認して基準を満たしているかチェックする必要もないのです。

そのため、化粧品の起業の方法としては簡単に取り組める選択肢といえます。

ただし、化粧品の卸売をしている人はすでにたくさん存在しています。

そのため、起業しても他社との差別化を図るのが難しい点に注意しましょう。

また、仕入れた化粧品を別の容器に入れ替えるなど手を加える場合には許可を得る必要があるため気をつけてください。

化粧品の起業の種類によっては許可が必要

化粧品で起業する方法はたくさんあるのですが、中には許可が必要なも主あるため注意しましょう。

たとえば、化粧品を製造するには化粧品製造業の許可が必要です。

化粧品を製造して販売するには化粧品製造販売業の許可を取らなければいけません。

これから起業して行いたい事業が許可を必要とするかどうかあらかじめ確認しておきましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

化粧品の起業で必要な許可

化粧品で起業する際に必要な許可について説明しましょう。

化粧品製造販売業の許可が必要なケース

もし起業して化粧品を製造して自社製品として販売したいならば化粧品製造販売業の許可を得る必要があります。

他社に製造を委託した化粧品を販売する際にも必要です。

また、海外の化粧品を輸入して販売する場合にも化粧品製造販売業の許可を得なければいけません。

化粧品製造業の許可が必要なケース

もし起業して自社のオリジナルの化粧品を製造したいならば、あらかじめ化粧品製造業の許可を得る必要があります。

原料から製造する場合だけではなく、化粧品のラベル付けや包装、完成品を保管するといった工程も化粧品製造に含まれるため注意しましょう。

また、化粧品製造業の許可には一般区分と包装等区分という2種類があります。

他社の化粧品を受け取って保管する、海外の化粧品を輸入して保管・販売するといったケースでは包装等区分として扱われるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

化粧品で起業する流れ

これから化粧品のビジネスを起業するならば、まずはビジネスモデルを確立しましょう。

どんなターゲットに対して何の化粧品をどのように販売するのか決めます。

自社で化粧品を製造販売するのか、海外の化粧品を輸入して販売するのかなど詳しいビジネスモデルを考えておきましょう。

次に起業の形態について考えます。

個人事業主として起業するか、会社設立をするか2つの選択肢があります。

また、会社設立の場合でも、株式会社と合同会社のどちらにするのか決めなければいけません。

これらを決めたならば、実際に起業の手続きを進めていきます。

会社設立の場合は定款の作成から資本金の払い込み、設立登記の申請といった手続きが必要です。

個人事業主や会社設立の手続きを終えた後もさまざまな手続きが発生します。

それらの手続きを終えたならば、化粧品のビジネスをスタートしましょう。

商品開発や仕入れなどを行い、販売体制を構築して、広告宣伝を展開して、実際に集客や販売を始めます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

化粧品で起業するのに必要な費用

これから化粧品のビジネスで起業するならば、あらかじめどのくらいの費用がかかるのか計算しておきましょう。

そして、ある程度の事業資金を用意しておくことが大切です。

確実に融資や助成金などを得られる保証はないため、自分で可能な限り多くの資金を用意しましょう。

化粧品で起業するのに必要な費用には下記のようなものが含まれます。

  • 仕入れ費用
  • OEM製造費
  • 広告宣伝費
  • 事務所費用
  • 人件費
  • 会社設立費用

化粧品のビジネスモデルによって必要な費用は異なってきます。

具体的にどのような費用がかかるのかを事前に調べておき概算しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

化粧品で起業する際の注意点

これから化粧品で起業する際の注意点について解説しましょう。

他社と差別化できる商品を販売する

化粧品で起業するとすでにライバルがたくさんいる状態でビジネスを始めることになります。

そのため、すでに他社が販売している商品を扱っても勝算はありません。

他社が扱っておらず、市場のニーズを満たしている差別化できる商品を販売しましょう。

たとえば、小さいニーズを満たしたオリジナルの商品を開発して販売するという方法があります。

日本であまり出回っておらず海外で人気を集めている化粧品を輸入して販売するのも効果的でしょう。

他社にはない独自性のあるビジネスを目指すことが大切です。

最初は小さな規模から始める

いきなり大きな規模で化粧品の起業をするのはリスクが多いです。

失敗する可能性が高まるため、最初は小さい規模から始めることをおすすめします。

小さい規模であれば、失敗したとしてもすぐに軌道修正することができるでしょう。

薬事法の知識は必須

化粧品についてどのようなビジネスを始めるにしても薬事法の知識は必須です。

化粧品は薬事法によって規制されています。

化粧品の製造・販売や広告の出し方まで細かなルールが定められているのです。

薬事法に違反すれば罰せられるため注意しましょう。

化粧品で起業するならば、責任を持ったビジネスを行うことが求められています。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

化粧品で起業する際には専門家を頼ろう

これから化粧品で起業するならば専門家を頼ることをおすすめします。

その理由について詳しく説明しましょう。

自分で起業の手続きをするのは大変

これから化粧品で起業する際に自分で手続きをするのはリスクがあります。

これまでに起業の経験がなければ、どのような手続きが必要なのか調べるところから始めなければいけません。

多くの書類を用意することが必要であり、必要な手続きは多岐に渡ります。

これらの準備をするのに多くの時間を割かなければいけないでしょう。

それでも書類に誤りが生じることもあります。

必要な添付書類を用意できなくて提出を求められることもあるのです。

このように起業の手続きを自力で行うのは手間がかかります。

手続きの準備をしている間は別のことに時間を使うことができなくなるのです。

それでは起業をした後にまで影響するでしょう。

専門家に起業をサポートしてもらおう

化粧品で起業する際の手続きについては専門家に相談することをおすすめします。

起業の専門家であれば、会社設立の手続きについてサポートすることが可能です。

単に手続きについて頼るだけではなく、化粧品で起業する際のビジネスプランや資金集めなどについてもアドバイスを受けることができます。

専門家のサポートを受けることでリスクを回避して起業で成功する可能性を高めることもできるのです。

このような起業の専門家を求めているのであれば、経営サポートプラスアルファをおすすめします。

経営サポートプラスアルファはこれまでにさまざまな分野の起業を応援してきた実績があるのです。

会社設立の手続きを手伝いするだけではなく、資金集めから事業計画まで幅広い内容をサポートすることができます。

これから化粧品の起業で専門家に相談したい方は経営サポートプラスアルファにお任せください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

化粧品の起業は多くの方がチャレンジしています。

化粧品は多くの女性が興味を持っている分野であり、上手くいけばかなりの売上を見込むことができるからです。

化粧品の起業では、オリジナルの化粧品開発から化粧品の輸入販売までさまざまなパターンが存在します。

しっかりと資金を準備して、薬事法を守り、最初は小さい規模から始めてみると良いでしょう。

これから化粧品の起業で会社設立をするならば専門家に依頼することをおすすめします。

経営サポートプラスアルファであれば、そのような需要に応えられるでしょう。

会社設立の手続きから設立後までしっかりとサポートできます。

化粧品での起業を検討している方は無料相談にも対応する経営サポートプラスアルファへお問い合わせください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
化粧品で起業はどうすればいい?起業の流れや費用、資格、注意するべき点などを解説!
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。