川崎で会社設立する費用は?手続きの流れは?知っておきたいポイントを解説!

川崎で会社設立する費用は?手続きの流れは?知っておきたいポイントを解説!

川崎で会社設立するとなると多くの手続きを進める必要があり、法定費用もかかります。

しっかりと知識を持っておかないと会社設立で損をする可能性もあるのです。

そこで、川崎で会社設立したい方のために重要なポイントを紹介します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

川崎で会社設立するのにかかる費用

川崎で会社設立をする際にかかる費用について紹介しましょう。

法定費用がかかる

川崎で会社設立をする場合には法定費用がかかります。

法定費用には定款の印紙税と定款の認証手数料、登録免許税があります。

また、法定費用は株式会社と合同会社で異なっている点も注意してください。

法定費用をまとめると以下の通りです。

法定費用株式会社の場合合同会社の場合
定款の印紙税4万円(電子定款の場合は不要)4万円(電子定款の場合は不要)
定款の認証手数料3~5万円(資本金額により異なる)不要
登録免許税15万円(あるいは資本金の金額の0.7%のうち高い方)6万円(あるいは資本金の金額の0.7%のうち高い方)
その他(定款の謄本手数料など)約1万円約1万円
合計約25万円約11万円

資本金額や定款の作成方法などによって法定費用は変わります。

法人印を作成する費用がかかる

会社設立の際には法人印を作成します。

法人印は組織運営においてさまざまな場面で活用する重要な印鑑です。

契約をする際には記名と押印が必要になり、その際に法人印を使います。

法人印には代表印と会社銀行印、会社角印の3種類があり、それぞれ用意しておくと良いでしょう。

特に代表印については、印鑑登録をしなければいけません。

会社設立の際には印鑑届出書を提出することで法人印の印鑑登録を済ませられます。

法人登記の申請の際には同時に法人印の手続きも進めましょう。

会社印鑑セット専門店『安いんかん』

資本金を用意しなければいけない

会社設立の際には資本金が求められます。

法律では資本金の最低金額は1円です。

ただし、資本金は事業運営の元手となる重要な資金となるため、最初にまとまった金額を用意しておくことが多いです。

目安としては、200万円から300万円程度の資本金を準備しておくと良いでしょう。

事務所や車両など事業の準備のための費用もかかる

会社の事業を進める準備として、事務所や車両などを用意する必要があり、これらに費用がかかります。

オフィス用の物件を借りるとなると初期費用がかなりかかり、さらに月々の賃料が発生するのです。

営業用の車両を利用する場合は、駐車場の費用も含めてお金がかかります。

専門家に依頼する場合は報酬が発生する

会社設立の手続きや会計や税務の処理などは専門的な事柄のため、専門家に依頼するケースが多いです。

専門家に何かを依頼する場合は報酬を支払わなければいけません。

専門家と顧問契約するケースもあり、この場合は報酬として顧問料を支払います。

いずれにしても専門家への報酬はまとまった費用がかかるため注意しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

川崎で会社設立を依頼できる専門家

川崎で会社設立をする際にどの専門家に依頼すればいいのか紹介します。

税理士

税理士は経理や会計の専門家として会社設立後に頼りになる存在です。

会社設立の手続きの際には、税金対策や資金繰りについてコンサルティングを受けられます。

税理士が直接登記手続きの代行をすることはできないのですが、司法書士と提携しているならば対応してもらえるでしょう。

税理士と顧問契約を結ぶこともでき、日々の記帳や税務申告、税務調査などの対応を期待できます。

司法書士

司法書士は登記業務の専門家として対応してくれます。

会社設立の登記手続きは司法書士のみが代行できるのです。

司法書士に依頼すれば、定款の作成から登記申請の書類の準備、登記申請まですべて任せることができます。

会社設立後に変更登記手続きをしたいときにも司法書士は頼りになります。

行政書士

行政書士は許可申請や法務関係の書類作成の専門家です。

会社設立では許認可申請を専門的に対応してくれます。

また、定款や議事録の作成にも対応可能です。

ただし、行政書士は登記申請には対応していないため、登記申請を依頼したい場合は司法書士と提携していることを確認しましょう。

弁護士

弁護士は法務の専門家であり、さまざまな法的トラブルに対処してくれます。

訴訟対応から契約書の作成まで会社経営において頼りになる存在です。

ただし、弁護士が会社設立の依頼に対応するケースはほとんどありません。

そのため、会社設立の際に依頼する専門家の候補として弁護士を考える必要はないでしょう。

顧問契約を前提として会社設立代行を0円で対応してくれるプランがある

会社設立代行のサービスの中には0円で対応してくれるプランが用意されているケースがあります。

これは顧問契約を前提としたプランであり、設立代行を0円で対応してくれるのですが、会社設立後は顧問契約をする必要があります。

顧問契約には最低期間が設けられており、途中で解約すると違約金が請求されるのです。

本当に信頼できる専門家であれば、顧問契約を前提としたプランの利用を検討してみると良いでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

専門家を選ぶ際のポイント

専門家を選ぶ際にどのような点に注意すればいいのかポイントを紹介します。

他の士業と提携している専門家を選ぶ

会社設立に関連するすべての業務を一人で対応できる専門家はいません。

これはそれぞれの士業ごとに専門性が異なっており、特定の士業でしか対応できない業務があるからです。

そのため、これから専門家を利用する際には、他の士業と連携しているかどうかを重視しましょう。

連携が取れていれば専門家がワンストップで会社設立に対応してくれます。

無料相談を活用する

多くの専門家は無料相談の機会を用意しています。

無料相談を活用することで、実際に専門家と話をすることができ、信頼に足る相手かどうか判断できるでしょう。

会社設立について希望や不満を伝えれば、さまざまな提案をしてくれます。

その内容をチェックして、その専門家に依頼するかどうか検討しましょう。

対応業務やエリアを調べる

それぞれの専門家によって対応業務は異なります。

たとえば、設立費用を節約するために電子定款を作成したいならば、電子定款作成に対応しているかどうかが重要です。

また、対応エリアもチェックしましょう。

近隣エリアしか対応していない専門家は少なくないからです。

ただし、最近はオンライン上のやり取りのみで会社設立を代行してくれる専門家もいます。

ホームページ作成代行に対応する専門家もいる

会社設立の際にはホームページにこだわりましょう。

ホームページには事業目的や会社の経営方針、サービスや製品の情報などを掲載します。

ホームページを経由して問い合わせをもらい契約につながるケースは少なくありません。

充実した内容のホームページを作成すれば大きな集客効果を期待できます。

ホームページ作成のノウハウがないため専門家に依頼したいという方は経営サポートプラスアルファにご相談ください。

幅広いプランを用意してホームページ作成に対応します。

まずは経営サポートプラスアルファにご相談ください

ホームページ,作成,費用
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

川崎で会社設立をする流れ

川崎で会社設立をする際の流れについて紹介します。

会社設立事項を決める

まずは会社の設立事項として基本的な点を決めましょう。

会社名や本店所在地、事業目的などは定款に必ず記載しなければいけません。

これらに加えて、会社の機関設計や細かなルールなども決めておくと良いでしょう。

定款に記載する内容を事前にじっくりと考えておくことをおすすめします。

定款の作成・認証を行う

定款は必ず記載しなければいけない事項に加えて、さまざまなルールを盛り込むことができます。

会社設立後のトラブルを避けるためにも必要な事項を定款に含めておきましょう。

株式会社を設立する場合はさらに定款の認証という手続きも発生します。

公証役場で公証人から認証を受けるという流れです。

定款認証手数料を支払う必要があります。

資本金の払込みや法人印の作成をする

資本金の払込みは代表者の個人口座にお金を振り込み、通帳のコピーなどを登記申請の添付書類として用意します。

定款に記載した資本金の金額と同額を入金しましょう。

また、会社の印鑑を作成する必要があります。

自分たちで会社用の印鑑を用意して、書類を作成しましょう。

登記申請書類に印鑑届出書を添付します。

登記申請書類を作成して申請する

登記申請の書類をすべて作成したならば法務局に申請します。

申請先は本店所在地を管轄する法務局です。

申請をした日が法人設立日になります。

登記申請をして2週間程度で登記手続きが完了します。

会社設立後に税務関係の手続きをする

会社設立をした後は税務署と市区町村役場へ設立届の書類を提出します。

法人は社会保険の加入義務が生じるため、年金事務所で社会保険の手続きを忘れずに行いましょう。

従業員を雇った場合には、労働保険の手続きをします。

申請先や提出期限に注意をして手続きを進めましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

川崎で会社設立する際の注意点

川崎で会社設立する際に注意すべき点について解説します。

株式会社と合同会社のどちらにするべきか慎重に考える

会社設立をする際の選択肢として一般的なものは株式会社と合同会社の2種類です。

それぞれ違いがあるため、どちらの方が適しているのかよく検討しましょう。

基本的には大きな規模で事業をする場合は株式会社、小規模な事業の場合は合同会社の方が適しているとされています。

自分たちで判断に困る場合は専門家に相談しましょう。

助成金や補助金などを利用できないか確認しておく

会社運営で資金繰りに苦しむケースは多いです。

資金集めの方法として助成金や補助金を頼る方法があるためチェックしましょう。

国や地方自治体などがさまざまな制度を用意しています。

要件を確認して申請できそうなものを探しましょう。

会社設立後に創業融資を利用しよう

会社設立後の資金集めの方法として創業融資の利用はおすすめできます。

日本政策金融公庫が実施している制度が特に有名です。

担保や保証人不要で多額のお金を借りることができます。

ただし、要件があり審査も実施されるため、しっかりとした対策が必要です。

創業融資でお金を借りたい方は経営サポートプラスアルファにお任せください。

これまで創業融資の申請をサポートした多くの実績があります。

お気軽に経営サポートプラスアルファまでご相談ください

許認可を取得するならば要件を確認しておく

会社設立後に許認可が必要な事業を行うならば、すぐに申請しなければいけません。

ただし、許認可の取得には資本金や事業所の設備など細かく要件が定められていることが多いです。

会社設立の仕方によっては、許認可取得の要件を満たしておらず困る場合があります。

あらかじめ許認可申請の要件を確認した上で会社設立を進めましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

川崎で会社設立するなら経営サポートプラスアルファにご相談を!

川崎で会社設立を行う際には手続きの流れをきちんと理解して、この記事で紹介したポイントを意識して手続きを進めましょう。

その際には専門家に相談をして疑問点や不安点などを解消しておくことも大切です。専門家の力を借りることで会社設立のトラブルを避けられます。
川崎で会社設立を依頼できる専門家をお探しならば経営サポートプラスアルファをご利用ください。

会社設立に必要な手続きをワンストップでサポートいたします。

まずは経営サポートプラスアルファの無料相談を活用してください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
川崎で会社設立する費用は?手続きの流れは?知っておきたいポイントを解説!
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。