お盆に会社設立は、できる?お盆期間中に会社設立する際の注意点は?

お盆に会社設立は、できる?お盆期間中に会社設立する際の注意点は?

お盆に会社設立できる?お盆に会社設立する際の注意点は?

お盆に、会社設立はできるのでしょうか?解説していきます。

そして一般的に会社設立できる期間についても解説します。

また、お盆に会社を設立するメリットについても、紹介していきます。またお盆と会社の休み期間についての情報をお伝えし、これから会社設立する際には参考にしてみてください。

お盆という先祖を供養する期間は、会社が休みのことがあります。しかしお盆の間に会社設立はできるのでしょうか。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆の期間は、会社設立できるか

お盆の期間(8月13日~16日の4日間)は、会社設立できます。会社設立できるかは、法務局で登記申請できるかが関係しています。

そして、お盆期間、法務局は土日でない限り開いています。そのため、お盆期間は、会社設立が可能なのです。

お盆期間、お休みを利用して会社設立することも可能です。ただしお盆期間に土日が重なっている場合には、会社設立はできません。土日、祝日は法務局が、開いていないからです。

郵送で法務局を送った場合も、土日、祝日に到着した場合も、法務局の職員が受け取りができないため、会社設立日にはなりません。

どうしてもお盆期間に会社設立させたい場合には、土日を避けてその年に会社設立するか、翌年に繰り越すかの選択になります。

あらためて、会社設立できる期間について説明していきましょう。

会社設立できる期間とは

会社設立できる期間とは、法務局が開いている期間です。

法務局が開いてるのは、平日であり、休みは法律で次のように決められています。

  • 土曜日
  • 日曜日
  • 国民の祝日、国民の休日
  • 年末年始(12月29日~1月3日)

つまり平日の午前8時30分~午後5時15分間だけが、会社設立が可能なのです。

オンラインの場合には平日午前8時30分から午後9時まで、登記申請が可能です。

お盆休みとは

お盆休みとは、お盆(「盂蘭盆会(うらぼんえ)」)の期間に会社が休みを取ることです。お盆は、先祖を供養する期間とされ、多くの人が実家に帰ります。

お盆は、普通4日間に渡り行われ、初日を盆の入り(迎え火)、最終日を盆明け(送り火)といいます。

お盆になると、精霊棚(しょうりょうだな)にお供え物をして、火を炊いてご先祖を迎え入れます。

地域によっては、お坊さんにお経を上げてもらうこともあります。

次に、お盆に会社設立するメリットについて見ていきましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆に会社設立するメリット

お盆に会社設立するメリットは、以下の通りです。

  • 【お盆に会社設立するメリット1】お盆に会社設立して、家族に報告できる
  • 【お盆に会社設立するメリット2】忙しくてもお盆休みのまとまった時間に会社設立できる
  • 【お盆に会社設立するメリット3】会社設立する人が少ないから早く設立できる

お盆に会社設立するメリットを、それぞれ説明していきます。

【お盆に会社設立するメリット1】お盆に会社設立して、家族に報告できる

お盆に会社設立するメリット1番目は、お盆に会社設立して家族に報告できるということです。

お盆期間というのは会社が休みであるため、自分の家族や実家の家族に対して、会社設立に関して報告できるというメリットがあります。

普段、会社で働いている場合は、なかなか忙しくてゆっくりと家族に会社設立に関して話ができません。

しかし、お盆休みであればゆっくり、会社設立に関して説明することが可能です。

また、会社設立発起人との間でも、お盆休みであるため、時間を取ってゆっくりと話し合うことも可能です。

お盆休みでも法務局は開いているため、会社設立が可能であり、このようなメリットがあります。

以上が、お盆に会社設立するメリット1番目の、お盆に会社設立して家族に報告できるということです。

【お盆に会社設立するメリット2】忙しくてもお盆休みのまとまった時間に会社設立できる

お盆に会社設立するメリット2番目は、忙しくてもお盆休みのまとまった時間に会社設立できるということです。

会社設立には法務局で登記申請する時間や、書類の準備などが必要です。お盆休みの期間であれば、まとまった時間を作れるため、必要書類の準備や、法務局への登記申請が可能です。

会社設立した後も、税務署や行政機関への書類申請が必要となってきます。法務局で登記した日に何か所も回るのは大変なため、お盆休みの期間にまとめて行うのが良いでしょう。

以上が、お盆に会社設立するメリット2番目の、忙しくてもお盆休みのまとまった時間に会社設立できるということです。

【お盆に会社設立するメリット3】会社設立する人が少ないから早く設立できる

お盆に会社設立するメリット3番目は、会社設立する人が少ないから早く設立できるということです。

お盆の期間中は、お盆休みの人が多いため、会社設立する人が少ないです。

しかし法務局は、開いているため会社設立の登記申請はできますが、登記までの時間が短く済む可能性があります。

以上が、お盆に会社設立するメリット3番目の、会社設立する人が少ないから早く設立できるということです。

では、お盆に会社設立するデメリットは何があるのでしょうか?

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆に会社設立するデメリット

お盆に会社設立するデメリットとしては、税理士や司法書士など専門家に相談している場合、彼らがお盆休みを取っている際、相談できないことです。

自分で、お盆休み期間中に会社設立に関して申請するとしても、書類に何か不備があった場合に、専門家へ問い合わせる必要があります。

しかし専門家がお盆休みの場合には、すぐ対応できないというデメリットがあります。その場合には、お盆休みが明けるまで待つ必要があるのです。

また登記申請まで専門家に依頼している場合には、専門家がお休みを取っている時、お盆期間中に会社設立は、できません。

このように専門家に何かしら依頼している場合には、専門家がお盆休みを取っているかどうか確認しておく必要があるでしょう。

以上が、お盆に会社設立するデメリットとしての、税理士や司法書士など専門家に相談している場合、彼らがお盆休みを取っている際、相談できないことです。

それでは、お盆に会社設立する際の注意点は、何があるのでしょうか。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆に会社設立する際の注意点

お盆期間中でも会社設立することは可能ですが、注意する点があります。お盆に会社設立する際の注意点は、以下の通りです。

  • サポートする会社がやっているか確認する
  • お盆期間中に新しいことを始めるのは良くないとされることも
  • 他の発起人がお盆休みすることも
  • 印鑑ショップがお盆休みのことも

お盆に会社設立する際の注意点を、それぞれ説明していきます。

【お盆に会社設立する際の注意点1】サポートする会社がやっているか確認する

お盆に会社設立する際の注意点1番目は、サポートする会社がやっているか確認するということです。

自分一人で会社設立する場合は問題ありませんが、税理士や司法書士などの専門家に依頼する場合には、その会社がお休みを取っていないかどうか、確認する必要があります。

もしお盆期間中に休みである場合には、事前に書類の作成などしておく必要があります。必要書類の準備ができていれば、法務局への登記申請を自分でできるため、会社設立はできます。

しかし、専門家に法務局への登記申請も依頼する場合には、お盆期間中は避ける必要があるかもしれません。ちなみに当社であれば、お盆期間中も会社設立、相談が可能です。

以上が、お盆に会社設立する際の注意点1番目の、サポートする会社がやっているか確認するということです。

【お盆に会社設立する際の注意点2】お盆期間中に新しいことを始めるのは良くないとされることも

お盆に会社設立する際の注意点2番目は、お盆期間中に新しいことを始めるのは良くないとされることもあるということです。

お盆期間中は、ご先祖への供養の気持ちを持つということが大切とされているため、過去のことに意識を向ける必要があり、未来に関する新しいことをしないという考え方です。

しかし最近ではその考え方も薄くなってきているため、あまり気にしなくても良いかもしれません。

お盆期間中に会社設立する際には、実家などに帰った際、念のため会社設立に関しては話さないなど注意が必要でしょう。

以上が、お盆に会社設立する際の注意点2番目の、お盆期間中に新しいことを始めるのは良くないとされることもあるということです。

【お盆に会社設立する際の注意点3】他の発起人がお盆休みすることも

お盆に会社設立する際の注意点3番目は、他の発起人がお盆休みすることもあるということです。

お盆期間中は、他の発起人が会社に勤めてる場合に、休みを取ることがあります。そのため、もしお盆期間中に会社設立したい場合には、あらかじめ決定事項を決めておき、必要書類を揃えておく必要があります。

全ての準備を終え、法務局で登記申請するだけなら、お盆期間中に会社設立できるでしょう。

以上が、お盆に会社設立する際の注意点3番目の、他の発起人がお盆休みすることもあるということです。

【お盆に会社設立する際の注意点4】印鑑ショップがお盆休みのことも

お盆に会社設立する際の注意点4番目は、印鑑ショップがお盆休みのこともあるということです。

特にお盆の時期に、法務局で登記申請し、会社設立したい場合には、会社の実印を用意しておく必要があります。

そのため早い時期から、印鑑ショップで印鑑を作成しておくのが良いでしょう。

以上が、お盆に会社設立する際の注意点4番目の、印鑑ショップがお盆休みのこともあるということです。

ところで、銀行や郵便局などはお盆休みは、あるのでしょうか。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

役所、銀行、郵便局はお盆休みが無い

行政機関、地方銀行、郵便局の場合のお盆休みは、無い所が多いです。8月13日から8月15日までのお盆期間の間に、土日が入ってなければ通常営業しています。

銀行に関しても、お盆休みはなく通常通りATMが利用できる状態です。郵便局もお盆休みがありません。

もし会社でお盆にお休みをすると、一般の人が困るような業種の場合には、お休みをしない方が良いでしょう。

ちなみに行政機関においてはお休みとは別に、夏季休暇を取っていることが多いです。

【まとめ】お盆期間でも会社設立できる

お盆の期間(8月13日~16日の4日間)は、会社設立できます。会社設立できるには、法務局で登記申請できるかどうかということになります。

お盆期間、法務局は土日でない限り開いています。そのため、お盆期間は、会社設立が可能なのです。

会社設立できる期間とは、法務局が開いている期間です。

法務局が開いてるのは、平日であり、休みは法律で次のように決められています。

  • 土曜日
  • 日曜日
  • 国民の祝日、国民の休日
  • 年末年始(12月29日~1月3日)

つまり平日の午前8時30分~午後5時15分間だけが会社設立が可能なのです。

お盆に会社設立するメリットは、以下の通りです。

  • お盆に会社設立して、家族に報告できる
  • 忙しくてもお盆休みのまとまった時間に会社設立できる
  • 会社設立する人が少ないから早く設立できる

もし今、会社勤務していて会社設立したいというようなケースの場合には、会社のお盆休みに会社設立するのも良いでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆にも相談できる会社設立サポート

お盆期間の会社設立について見てきました。お盆期間でも、法務局が開いているため会社設立できます。

お盆休みを利用して、会社設立したい人は、法務局も空いているため、おすすめの時期ではあります。

注意としては、専門家に会社設立の相談している場合、専門家がお盆休みを取ってしまうことがあるということです。そのようなケースでは、お盆期間中に会社設立ができなくなってしまいます。

しかし、当社であれば、お盆期間中も会社設立可能です。相談自体は、土日祝日を含めて全日程可能です。会社設立日や会社設立に関して、無料で納得がいくまで何度も相談できます。会社設立までは、対面・オンライン・LINEで相談をお受けしています。

また、会社設立日については、登記申請する日にちでもあるので、専門家に相談するのがおすすめです。

そして、いざ法人を設立する場合は、多くの必要書類を準備し、手続きが必要です。実際には、法務局へ登記した後も、税務署などへの手続きなどが多くあります。

合同会社や株式会社設立を一人で進めるのは、大変です。法人設立は、やはり豊富な経験と知見がある専門家に依頼した方が安心できます。

会社設立のサポートを受ける際に気になるのが、手数料です。

当社であれば、代行費用0円で、合同会社や株式会社設立サポートできます。設立費用は、合同会社の設立の場合には6万円、株式会社設立の場合は20万2,000円から行えます。

司法書士を利用して、会社設立した場合よりもちろん安いですし、ご自分で会社設立する場合よりも安く済みます。

もし、会社設立にお悩みならぜひ経営サポートプラスアルファにお気軽にご相談ください。お客様の事業目的や事業計画から判断し、会社設立日・会社設立に関して、全力でサポートしています。

経営サポートプラスアルファ

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
お盆に会社設立は、できる?お盆期間中に会社設立する際の注意点は?
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。