ゴールデンウィーク中に会社設立はできる?会社設立する際の注意点は?

ゴールデンウィーク中に会社設立はできる?会社設立する際の注意点は?

ゴールデンウィーク中に会社設立はできる?会社設立する際の注意点は?

ゴールデンウィークというまとまった休みがある時に、会社設立したいと考える人はいるかもしれません。

祝日のあるゴールデンウィークに、会社設立はできるのか解説していきます。

そして、ゴールデンウィーク中に会社設立する際の、注意する点についても説明していきます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ゴールデンウィーク中に会社設立したい人も

ゴールデンウィーク中は、家族と旅行に行ったりレジャーを楽しむ人が大勢います。しかしまとまった休みの中で、会社設立したいという方もいらっしゃるかと思います。

世の中が休んでいる間に、会社設立や事業を進めることは、大きなアドバンテージとなります。

会社設立には、基本事項を決めたり、必要書類を揃え、そして法務局への登記を申請するという手続きが必要です。

株式会社の場合には、定款認証が必要です。その他の会社設立のためには、十分な期間が必要です。

ゴールデンウィークのようにまとまった休みを有効活用したいと考える人は、いるのも当然です。

しかし、行政機関がお休み中のゴールデンウィークに、会社設立はできるのでしょうか。

ゴールデンウィーク中に会社設立はできる?

ゴールデンウィーク中の祝日に、会社設立はできません。会社設立するには、法務局で登記申請をして、受理してもらう必要があります。

法務局で登記申請した日が、会社設立日です。

法務局は土日、祝日、年末年始は窓口や郵送での受付ができないのです。そして、オンライン申請の場合も受け付けてもらえません。

そのためゴールデンウィーク中の祝日に、会社設立することはできないのです。

では、ゴールデンウィークの中に平日が含まれていることがありますが、その時は会社設立できるのでしょうか。

ゴールデンウィーク中の平日なら会社設立できる

ゴールデンウィーク中に平日が含まれることがありますが、平日ならば会社設立ができます。

ゴールデンウィーク中でも、平日は法務局が開いているため、窓口申請、郵送申請、オンライン申請で会社設立が可能です。

ただし郵送の場合には、郵送の到着する日が平日の必要があります。それよりも前に送付しておけば、平日になった日が会社設立日となります。

ゴールデンウィークと言うと、法務局が閉まっていて会社設立できないと考える方がいらっしゃるかもしれませんが、間の平日であれば会社設立は可能です。

では、会社設立できる日とできない日とは、どんな違いがあるのでしょうか。

会社設立できる日とできない日

会社設立できる日というのは、法務局で登記申請できる日ということです。法務局で登記申請できるのは、平日だけで、以下の日は法務局が休みと法律で決められています。

  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日
  • 年末年始(12月29日~1月3日)

つまりこれら以外の平日の日であれば、会社設立は可能です。

会社設立は、窓口、郵送、オンラインでの方法が可能です。会社設立を窓口で行う場合には、窓口は平日のみが会社設立できる日です。

郵送で行う場合には、郵便物が届いた日が平日だと、会社設立日になります。

オンラインはデータが受理された日が、会社設立日になります。

では、そもそもゴールデンウィークの期間とはいつなのでしょうか。

ゴールデンウィークとは

ゴールデンウィークとは、4月29日~5月5日の間に国民の祝日が続いており、連休にしやすい期間のことです。ゴールデンウィーク中の国民の祝日は、以下の通りです。

4月29日昭和の日
5月3日憲法記念日
5月4日みどりの日
5月5日こどもの日

そして、ゴールデンウィーク中は、4月30日から5月2日の間に、土日が入る可能性があり、連休になりやすいです。土日が無かった場合も、有給休暇を使い連休にする形をとれます。

4月30日から5月2日も休みにすることで、7連休を取ることが可能です。さらに、4月28日以前、5月6日以降に、土日が重なれば連休は伸びることもあります。

ちなみに海外は、5月1日はメーデーで休みの国が多いです。日本も5月1日を祝日になると、連休を伸ばせる可能性が増えていきます。

では、ゴールデンウィーク前後に会社設立することは、できるのでしょうか。

ゴールデンウィーク前後に会社設立することも

平日は、法務局が空いており会社設立可能なので、ゴールデンウィーク前後に会社設立できます。

ゴールデンウィーク前に会社設立を済ませてしまい、ゴールデンウィークはゆっくり休むこともできます。

逆にゴールデンウィーク期間中にゆっくりと休み、充電をし、それから会社設立することもできるでしょう。

またゴールデンウィーク期間中の平日に、会社設立もできます。

会社設立後は、会社の経営者であるため、休みは自らが働きやすいように設定していくと良いでしょう。

その中で、ゴールデンウィーク、お盆休みなど世の中の流れに沿った休みの取り方も必要となるかもしれません。

ところで、ゴールデンウィーク前に会社設立した場合、会社の謄本が出来上がるのに通常より時間がかかります。

ゴールデンウィーク前に会社設立した場合、会社の謄本が出来上がるのには、時間がかかるため注意が必要

ゴールデンウィーク前に会社設立した場合、会社の謄本が出来上がるには、時間がかかるため注意が必要です。

会社設立する住所を管轄する法務局で登記申請しますが、登記申請してから約2週間程度で登記は完了します。

謄本が出来上がるのは、登記完了した時ですが、ゴールデンウィーク直前に会社設立した場合には連休が重なり、完了までさらに時間がかかることがあります。

ゴールデンウィークが7日連続である場合には、登記完了までに通常の2週間プラス1週間を見ておいた方が良いでしょう。

会社設立後に必要となる銀行口座の開設も、ゴールデンウィーク後になってくるでしょう。ゴールデンウィーク直前に会社設立した場合には、関連手続きに時間がかかることは年頭に置いておきましょう。

では、ゴールデンウィーク中の平日に会社設立する際の注意点は、何があるでしょうか?

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ゴールデンウィーク平日中に会社設立する際の注意点

どうしてもゴールデンウィーク中に会社設立したいことも、あるでしょう。

その際、ゴールデンウィーク、平日中に会社設立する際の注意点は、以下の通りです。

  • 依頼する専門家がゴールデンウィークの休みの場合が
  • 家族サービスも忘れないようにする
  • 会社設立後に税務署などの手続きがある
  • 吉日を選ぶ

ゴールデンウィーク平日中に会社設立する際の注意点を、それぞれ説明していきます。

【ゴールデンウィーク中に会社設立する際の注意点1】依頼する専門家がゴールデンウィークの休みの場合が

ゴールデンウィーク中に会社設立する際の注意点1番目は、依頼する専門家がゴールデンウィークの休みの場合があるということです。

会社設立を司法書士や税理士などの専門家に依頼する場合に、専門家の彼らがゴールデンウィークの休みを取っている可能性があるということです。

窓口で登記申請した場合に、書類に不備があると、専門家に問い合わせしなければいけませんが、専門家が休みの場合には延期しなければなりません。

また登記申請自体を代理で依頼している場合、専門家が休んでいる時には、会社設立ができません。

ゴールデンウィーク中の平日に開いている専門家であれば、会社設立も可能です。

ちなみに当社であればゴールデンウィーク中いつでも、相談可能です。

【ゴールデンウィーク中に会社設立する際の注意点2】家族サービスも忘れないようにする

ゴールデンウィーク中に会社設立する際の注意点2番目は、家族サービスも忘れないようにするということです。

会社設立する場合には、事前に取り決めや必要書類の準備などやることが多くあります。そして会社設立後も税務署など多くの手続きが必要です。

そのためどうしても、ゴールデンウィーク中に会社設立する場合には、家族サービスを怠ってしまう可能性があります。

会社設立しても、人生のバランスをとる必要があるため、家族サービスを忘れないようにする必要があるでしょう。

ゴールデンウィーク中の祝日には、会社設立はできないため、その間に家族サービスができます。

以上が、ゴールデンウィーク中に会社設立する際の注意点2番目の、家族サービスも忘れないようにするということです。

【ゴールデンウィーク中に会社設立する際の注意点3】会社設立後に税務署などの手続きがある

ゴールデンウィーク中に会社設立する際の注意点3番目は、会社設立後に税務署などの手続きがあるということです。

ゴールデンウィーク中の会社設立後の届出は、以下のようなものがあります。

  • 法人口座を開設する
  • 法人税に関して、税務署に届け出る
  • 法人住民税・法人事業税に関して各都道府県税務署・市町村役場に届け出る
  • 健康保険・雇用年金の加入手続きに関して年金事務所へ届け出る
  • 労働法に関する届け出を労働基準監督署に提出する
  • 雇用保険に関する届け出をハローワークへ提出する

税務署、各都道府県税務署、市町村役場、年金事務所、法人口座開設は、どれも、法人として会社設立した際に、必要となる届け出です。

ゴールデンウィーク期間中の平日に開いている所には、回れる時には回っておくと良いでしょう。ただし、会社設立後、登記申請が完了してからになります。

以上が、ゴールデンウィーク中に会社設立する際の注意点3番目の、会社設立後に税務署などの手続きがあるということです。

【ゴールデンウィーク中に会社設立する際の注意点4】吉日を選ぶ

ゴールデンウィーク中に、会社設立する際の注意点4番目は、吉日を選ぶということです。暦の中の吉日というのは、何か物事を始めるのに良い日というものがあります。

大安、一粒万倍日、寅の日、巳の日、天赦日など会社設立するのに良い日を選ぶようにしましょう。

会社設立というとても大切な始まりの日は、吉日を選ぶと事業がスムーズに進むかもしれません。

もしゴールデンウィーク中の平日に吉日があるならば、その日に会社設立するのも良いでしょう。

吉日を選ぶ際、郵送で登記申請する場合、注意が必要です。

郵送で申請する場合は、申請書が届いた日が会社設立日となるからです。遅れて届いてしまった場合には、会社設立日がずれてしまうため注意しましょう。

確実に会社設立日を指定する場合には、窓口かオンラインでの申請がおすすめです。

以上が、ゴールデンウィーク中に、会社設立する際の注意点4番目の、吉日を選ぶということです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

【まとめ】ゴールデンウィーク中の平日なら会社設立可能

ゴールデンウィーク中の祝日に、会社設立はできません。会社設立するには、法務局で登記申請を受理してもらう必要があります。

法務局で登記申請した日が、会社設立日です。

法務局は土日、祝日、年末年始は窓口や郵送での受付ができないのです。そして、オンライン申請の場合も会社設立できません。

そのためゴールデンウィーク中の祝日に、会社設立することはできないのです。

一方で、ゴールデンウィーク中に平日が含まれることがありますが、平日ならば会社設立ができます。

ゴールデンウィーク中でも、平日は法務局が開いているため、窓口申請、郵送申請、オンライン申請で会社設立が可能です。

ゴールデンウィークでまとまった休みがある場合、会社の設立の準備をし、実際に会社設立するのもいいかもしれません。

会社設立日は、吉日や節税ができる日にちを選ぶと良いでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ゴールデンウィークにも相談できる会社設立サポート

ゴールデンウィーク期間の会社設立について見てきました。ゴールデンウィーク期間でも、平日であれば、法務局が開いているため会社設立できます。

ゴールデンウィークの休みを利用して、会社設立したい人は、法務局も空いているため、おすすめの時期ではあります。

注意としては、専門家に会社設立の相談している場合、専門家がゴールデンウィーク休みを取ってしまうことがあるということです。そのようなケースでは、ゴールデンウィーク期間中に会社設立ができなくなってしまいます。

しかし、当社であれば、ゴールデンウィーク期間中の平日に会社設立可能です。相談自体は、土日・祝日を含めて全日程可能です。会社設立日や会社設立に関して、無料で納得がいくまで何度も相談できます。会社設立までは、対面・オンライン・LINEで相談をお受けしています。

また、会社設立日については、登記申請する日にちでもあるので、専門家に相談するのがおすすめです。会社設立日を1日変えるだけで、節税できる場合など専門家ならではの知識があります。

そして、いざ法人を設立する場合は、多くの必要書類を準備し、手続きが必要です。実際には、法務局へ登記した後も、税務署などへの手続きなどが多くあります。

合同会社や株式会社設立を一人で進めるのは、大変です。法人設立は、やはり豊富な経験と知見がある専門家に依頼した方が安心できます。

会社設立のサポートを受ける際に気になるのが、手数料です。

当社であれば、代行費用0円で、合同会社や株式会社設立サポートできます。設立費用は、合同会社の設立の場合には6万円、株式会社設立の場合は20万2,000円から行えます。

司法書士を利用して、会社設立した場合よりもちろん安いですし、ご自分で会社設立する場合よりも安く済みます。

もし、会社設立にお悩みならぜひ経営サポートプラスアルファにお気軽にご相談ください。お客様の事業目的や事業計画から判断し、会社設立日・会社設立に関して、全力でサポートしています。

経営サポートプラスアルファ

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
ゴールデンウィーク中に会社設立はできる?会社設立する際の注意点は?
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。