合同会社の設立代行するといくら?手数料0円です。

合同会社の設立代行するといくら?手数料0円です。

当社経営サポートプラスアルファは、合同会社の設立代行を手数料0円で承っております。
また当社はワンストップ型なので、合同会社設立手続きを最初から最後まで行います。

司法書士に依頼すると手数料がかかりますし、全ての手続きを代行してくれるとは限りません。

当社は無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

合同会社設立の代行先比較

合同会社設立の代行先として、司法書士を選ぶケースや、当社を選んでいただくケースがあります。

では、これらはどのような違いがあるのでしょうか。

司法書士

司法書士は、法律を専門としているので、法律分野の手続きやアドバイスが得意です。

合同会社設立手続きも、書類作成から各種手続きの代行までできます。

しかし、税務分野にはあまり強くなく、節税対策や、個人事業主のままでいるべきか法人化した方が良いかといった相談には向いていません。

また、税務署への届出など合同会社設立後の手続きの代行もできません。

士業グループ(当社のケース)

当社経営サポートプラスアルファはワンストップ型の士業グループなので、司法書士だけでなく、税理士も在籍しています。

ですから、司法書士が可能な業務範囲に加え、税務署への届出などの税理士が担当するような業務も承っております。

司法書士と税理士それぞれのメリットを享受できるのが当社の強みです。

また、相談はいつでも無料で何回でも承っております。

合同会社の設立を代行する際の費用の比較

合同会社の設立を代行する上で気になるのが、その費用。

では、司法書士に依頼するのと、当社に依頼するのとでは、どのように費用が変わるのでしょうか?

司法書士事務所(代行手数料11万円前後)

司法書士事務所の場合、代行手数料の相場はおよそ110,000円前後で、他の士業と比較すると高めな傾向があります。

しかし、ご自身で合同会社を設立しようとすると膨大な手間と時間がかかりますので、投資としては悪くないでしょう。

士業グループ(代行手数料0円・当社のケース)

一方で当社経営サポートプラスアルファは、代行手数料0円です。

つまり、必要なのは合同会社設立にかかる登録免許税60,000円のみ。

なぜこのようなことが可能なのかというと、経営サポートプラスアルファは顧問契約による税理分野で収益を上げているからです。

よって、会社設立代行で収益を上げる必要はありません。

代行手数料0円かつ、全ての手続きを代行いたしますので、ぜひ経営サポートプラスアルファのご利用をご検討ください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

合同会社の設立代行会社を選ぶポイント

合同会社の設立代行会社を選ぶポイントは、既に合同会社の運営経験があるかどうかです。

では、それによってどのように合同会社の設立代行会社の選び方が変わるのでしょうか?

合同会社運営経験者なら司法書士へ代行依頼

既に合同会社運営をしており、過去に会社設立をしたことがある人や、会計や税務に関する十分な知識を有しており、税務申告なども十分にできる場合は、設立代行を司法書士に任せるという選択で良いかもしれません。

司法書士であれば、合同会社設立後の顧問契約も必須ではなくなるので、税務申告などに慣れていて依頼する必要がない場合はメリットです。

初めて合同会社を運営するなら当社へ代行依頼

しかしほとんどの方にとっては、きっと初めての合同会社設立なので、それならば当社経営サポートプラスアルファを選ぶと安心。

その理由は、以下の通りです。

  •  損する合同会社設立を防げる
  •  設立後の多くの手続きもサポート
  •  設立代行の手数料0円

もし合同会社を設立した後、税理士への依頼を検討されるのであれば、設立費用を抑えられるうえに、手厚いサポートのわりには顧問料も安い経営サポートプラスアルファへ代行依頼がおすすめです。

合同会社を代行を利用せずに設立するといくらかかる?

では、合同会社を代行依頼をせずに自力で設立すると、費用はいくらかかるのかというと、合計100,000円です。
つまり、当社経営サポートプラスアルファに代行依頼するよりも40,000円も高額になります。

なぜこうなるのかというと、自力で合同会社を設立する場合は定款を紙ベースで作成することになり、この場合定款認証印紙代40,000円が追加でかかるからです。

一方で経営サポートプラスアルファに合同会社設立代行を依頼した場合は、定款を電子作成することになり、定款認証印紙代がかかりません。

これがご自身で合同会社を設立した場合と代行依頼した場合の差になります。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

合同会社を代行を利用せずに設立する際のリスクとは?

合同会社を代行を依頼せずに自力で設立すると、さまざまなリスクに見舞われます。

では、具体的にどのようなリスクがあるのでしょうか?

1つめは、合同会社設立の手続きにミスが発生することです。

合同会社は株式会社と比べると比較的楽とはいえ、それでも手続きは煩雑です。

必要な書類の作成も難易度が高いので、自力でミスなくこなすことは決して容易ではありません。

2つめは、余計なコストがかかる可能性があることです。

合同会社の手続きでミスをすると、後で変更登記が必要になり、その度に登記費用がかかります。

さらに、合同会社の設立時期を間違えることで、何百万円単位で法人税が高くなることさえあります。

3つめは、単純に時間が取られることです。

合同会社設立の手続きには多くの時間を割かなければいけないので、事業戦略を考える時間などが奪われます。

特に副業として合同会社設立を検討されている方は自由な時間が少ないので、設立手続きだけで消耗してしまいます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

合同会社の設立代行について(私たちの考え)

私たち経営サポートプラスアルファは、提案型税理士であり、お客様のお悩みを全て解決することが使命だと考えております。

その一環として、会社設立代行も代行手数料0円で承っておりますし、相談も無料で何回でも受け付けています。

また、質問に答えるだけでなく、こちらからお客様のニーズを掘り出し、満たすことも私たちの仕事です。

お客様に満足していただけるためなら、本来は厳しい即日での会社設立も承りますし、追加料金もいただきません。

あくまでお客様の満足があってこそ、私たち経営サポートプラスアルファは存続が可能なのです。

また、会社設立だけではなく、その後も顧問契約を締結していただいて、さまざまなサポートをさせていただきます。

会社設立設立後こそ、より多くのサポートが必要になります。

ですから、当社経営サポートプラスアルファがお力添えできれば光栄です。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
合同会社の設立代行するといくら?手数料0円です。
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。