エクステリア職人は独立できるのか?独立の方法や必要な資格、成功のポイントなどを解説します!

エクステリア職人は独立できるのか?独立の方法や必要な資格、成功のポイントなどを解説します!

エクステリア職人をしていて独立を考えたことのある人は多いでしょう。

しかし、実際に独立を実行に移すとなると詳しい情報を知っていないと不安になるものです。

この記事ではエクステリア職人が独立するための方法や必要な資格、成功するポイントなどをまとめました。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エクステリア職人が独立するとは?

エクステリア職人が独立するとはどういうことなのか説明しましょう。

経験を積んでから独立するエクステリア職人はたくさんいる

会社に雇われてエクステリア職人になれば、さまざまな現場を経験できます。

そして、雇われ職人として数年ほど経験を積んでからエクステリア職人として独立するケースは多いです。

エクステリア職人として高い知識と技術、豊富な経験を有しているならば、独立して成功できる可能性があります。

一人親方と会社設立という2つの選択肢がある

実際にエクステリア職人が独立をする際には一人親方と会社設立という2つの選択肢があります。

このうち一人親方とは個人事業主として独立する方法です。

個人事業主は簡単な手続きですぐに開業できます。

ただし、無限責任である点などデメリットもあるため注意しましょう。

また、エクステリア職人が会社設立をするというパターンもあります。

この場合は、エクステリアの工事を専門的に扱う会社として営業するのです。

従業員を雇って比較的大きな規模で事業を展開するケースもあります。

これからエクステリア職人として独立を目指すならば、一人親方と会社設立のどちらの方向に進むのか決めましょう。

外構工事の需要は高く将来性がある

エクステリア職人が独立して外構工事を始めれば需要があり将来性も高いです。

現在、新しく住宅を建てるのではなく、既存の住まいを大切にしようという意識が高まっています。

既存の住宅にずっと住み続けるならば外構工事は必要不可欠です。

特に補修やリフォームの案件は需要が高いため、今後も安定して受注できるでしょう。

外構工事が対応できるものには玄関から庭、ブロック塀、フェンスまで幅広いです。

最近需要の高まっている宅配ボックスの設置なども外構工事に含まれます。

人々のニーズに応える提案ができれば、エクステリア職人の独立は成功するでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エクステリア職人に資格は必要なのか?

エクステリア職人として独立するのに資格が必要なのか紹介しましょう。

500万円以上の請負代金の工事には建設業許可が必要

基本的にエクステリア職人が独立して工事を請け負う際には特別な資格は要求されません。

何の資格を持っていなかったとしても、多くの外構工事に対応できます。

ただし、500万円以上の請負代金の工事を請け負うためには建設業許可が求められるため注意しましょう。

500万円以上の工事は失敗したときの影響が大きいため、きちんと事前に許可を得た事業者のみが対応できるのです。

外構工事の建設業許可は「土木工事業」か「造園工事業」

建設業許可は業種ごとに分かれているのが特徴です。

そして、エクステリア職人が独立をして建設業許可を取得する場合には「土木工事業」か「造園工事業」の建設業許可を取得するのが一般的でしょう。

土木工事業に含まれている工事は主に下記の通りです。

  • 土地区画整理工事
  • 土地造成工事
  • 道路築造工事
  • ダム工事
  • 河川工事

エクステリア職人に関係のある工事としては土地区画整理工事や土地造成工事などがあります。

また、造園工事業に含まれるのは主に下記のような工事です。

  • 植栽工事
  • 景石工事
  • 水景工事
  • 地被工事
  • 地ごしらえ工事
  • 広場工事
  • 屋上等緑化工事

たとえば、敷地内に草木を植える工事は植栽工事と呼びます。

庭に景石を設置する工事は景石工事です。

これらの工事を請け負う際に500万円以上の代金になるならば、建設業許可が必要になります。

エクステリア職人に関連する資格は多い

エクステリア職人が独立する際には関連する資格を取得しておくと良いでしょう。

たとえば、下記のような資格はエクステリア職人の仕事と関係しています。

  • エクステリアプランナー
  • 建築コンクリートブロック工事士
  • 車両系建設機械運転技能講習
  • 造園管理技師
  • 土木施工管理技士

エクステリアプランナーとはエクステリア工事の専門的な技術と知識を証明できる資格です。

建築コンクリートブロック工事士は安全な設計監理や施工管理ができる専門技術者として認められます。

土木施工管理技士と造園管理技師は現場の主任技術者や監理技術者になれる資格のためおすすめです。

また、車両系建設機械運転技能講習を修了することで整地や運搬、積込、掘削などで必要な建設機械を扱えるようになります。

ブルドーザーやトラクターショベル、油圧ショベルなどを扱いたい場合には必要です。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エクステリア職人として独立するのに必要な費用

これからエクステリア職人として独立するために必要な費用について紹介しましょう。

会社設立にかかる費用について

エクステリア職人が独立する際に会社設立をするならば、株式会社では約25万円、合同会社では約12万円の費用がかかります

この費用には定款の収入印紙代や登録免許税などが含まれるのです。

会社設立の費用を節約したいならば電子定款を選びましょう。

電子定款を作成する場合は収入印紙代の4万円を節約することができます。

ただし、電子定款を作成するためにICカードリーダーなどの機器が必要なため注意しましょう。

会社設立を専門家に依頼する場合は、電子定款作成に対応してくれて、必要な機器も用意してくれます。

工事に必要な資材や道具、車両、資材置き場などの費用

エクステリア職人として独立して仕事を請け負うためには工事を始めるための準備に費用がかかります。

主に下記のような項目で費用が発生するのです。

  • 外構工事資材
  • 工具
  • 移動車両
  • 建設車両
  • 資材置き場
  • 事務所
  • 駐車場
  • 人件費
  • 広告宣伝費

エクステリア職人が独立して外構工事を請け負うならば、上記のようにさまざまな費用がかかります。

建設車両などについてはレンタルで利用することもできるのですが、それでも高い費用がかかるのです。

そのため、開業する際にはまとまった資金を用意しましょう。

資金繰りに困っているならば創業融資を活用しよう

エクステリア職人として独立しても資金繰りに困るケースは多いです。

そんな場合には創業融資の活用を検討しましょう。

金融機関の多くは創業融資を行っており、創業したばかりの企業をサポートしてくれるのです。

創業融資を利用する際には審査を受ける必要があります。

審査は事業計画などを厳しくチェックされ、提出しなければいけない書類の数も多いです。

そのため、きちんと対策しておかないと落とされるケースがあります。

創業融資を利用したい人は専門家に依頼すると良いでしょう。

経営サポートプラスアルファであれば、創業融資サポートを実施しています。

創業融資の手続きから対応できるため、お気軽に経営サポートプラスアルファまでご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エクステリア職人の独立を成功させるためのポイント

エクステリア職人としての独立を成功させるためのポイントを紹介しましょう。

できるだけ幅広い工事に対応できるようにする

エクステリア職人が独立するケースは珍しくありません。

競合との差別化を図ることが成功の鍵を握ります。

そのためのポイントとして対応できる工事の数を増やすことは重要です。

たとえば、外構工事に加えて屋根工事などに対応するという方向性があります。

関連する領域の工事も対応できれば、まとめて工事を依頼してくれる可能性が高いです。

他社にはない特殊なデザインや特殊な資材を用いた外構工事に対応するという方向性も考えられます。

たとえば、他社では扱っていない海外の外構資材を扱ってみるのもアピールになるでしょう。

需要が高くて他社にはない独自性をアピールすると効果的です。

資材を安く仕入れるルートを確保する

エクステリア職人が独立すれば多くの外構工事に対応することになります。

毎回、工事のたびに多くの資材を活用するため、資材を安く仕入れるルートを確保することは大切です。

安く資材を仕入れられれば、安さをアピールすることにもつながります。

それが他社との差別化につながり、集客に良い効果を与えるのです。

資格を取得して専門性をアピールする

エクステリア職人としての独立を成功させるためには専門性をアピールすることが大切です。

確かな技術や知識を持っている専門家に工事を依頼したいと考える人はたくさんいます。

そして、技術や知識をきちんと有することを証明するには資格を取得することは重要です。

資格があれば、客観的に知識や技術を証明できるため信頼されやすくなります。

この記事で紹介した資格の取得を目指してみましょう。

エクステリア職人の独立は会社設立がおすすめ

エクステリア職人として独立する方法には個人事業主会社設立という2つの選択肢があります。

これらのうち会社設立の方がメリットは大きいでしょう。

会社設立を選ぶメリットは以下の通りです。

  • 役員報酬や退職金を損金にできる
  • 赤字の繰越控除可能期間が最長10年
  • 法人化して最初の2年間は消費税が免税される
  • 有限責任になる
  • 社会的な信用を得られる

会社を設立すれば、役員報酬や退職金を受け取ることができ、これらは経費として計上できます。

また、役員報酬は給与所得控除が適用されて所得を減らすことが可能です。

法人になると赤字の繰越控除をできる期間は最長で10年になります。

また、法人化してから最初の2年間は消費税が免除されるのもメリットです。

さらに法人は有限責任であり、無限責任である個人事業よりもリスクは小さくなります。

法人には社会的な信用があるのもメリットです。

仕事の受注や金融機関からの借り入れの際にも法人の方が有利になるでしょう。

このようにエクステリア職人の独立で会社設立することは多くのメリットがあります。

会社設立を検討してみましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エクステリア職人の独立は専門家に相談しよう

エクステリア職人として独立するならば、会社設立を選ぶと良いでしょう。

その際には多くの資格を取得しておき、開業資金もしっかりと準備して、他社との差別化を図りながら経営を進めていくことが大切です。

そうすればエクステリア職人の独立を成功に導くことができます。

もしエクステリア職人として独立する際に会社設立を選択するならば、専門家への相談がおすすめです。

経営サポートプラスアルファであれば会社設立の専門家として対処します。

独立のための事業計画の立て方から建設業許可の取得、創業融資まで全面的にサポートできるのが特徴です。

会社設立のことはぜひとも経営サポートプラスアルファにご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
エクステリア職人は独立できるのか?独立の方法や必要な資格、成功のポイントなどを解説します!
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。