貿易業で起業したい!手続きの流れから注意するべきポイントまでまとめました!

貿易業で起業したい!手続きの流れから注意するべきポイントまでまとめました!

国際化の時代になり貿易業が発展しています。

インターネットの発達により個人でも気軽に貿易業を始められるようになりました。

そのため、貿易業で起業したいと考えている人は増えています。

しかし、貿易業は素人にはなかなかわかりにくい部分も多く不安を感じる人もいるでしょう。

そこで、この記事では貿易業の起業についてポイントを解説します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

貿易業とは

貿易業とはそもそも何なのか基本的なことから説明しましょう。

貿易業は輸出入にかかわる事業のこと

貿易業とはあらゆる商品の輸出入にかかわる事業のことです。

そのため、貿易業で取り扱う商品は多岐にわたります。

海外から製品を輸入する、あるいは海外へ製品を輸出するのが貿易業の主な内容です。

現在、グローバル化が進んでおり、インターネットによって海外のどんな国や地域の人とも気軽にやり取りができるようになりました。

そのため、貿易業は発展しており、個人でも貿易業をビジネスとして始まるケースがみられます。

貿易業の輸出ビジネスの特徴

貿易業の輸出ビジネスとは国内の製品を海外へ輸出することです。

現在、日本の製品は外国人から人気を集めています。

基本的にはその国にない日本独自のものを輸出することになるのです。

たとえば、ゲームや漫画といったエンターテイメント関連の製品は海外でも人気を集めており輸出ビジネスでよく扱われます。

他にも果物やお酒といった食品から伝統工芸品なども輸出ビジネスでよく取引されるものです。

貿易業の輸入ビジネスの特徴

貿易業の輸入ビジネスでは、外国から製品を日本に輸入してビジネスを進めます。

たとえば、海外の方が国内よりも安く購入できる製品があれば、それを輸入して国内で販売することで利益を得られるのです。

ゲームなどのエンターテイメント製品から家電などの工業製品、化粧品、食品などさまざまなものが輸入されています。

ただし、製品によっては輸入が禁止されているものや資格が必要なものがあるため注意しましょう。

貿易業は個人と法人のどちらでもできる

貿易業は法人で大規模に行われるケースから個人で小規模に行うケースまであります。

インターネットを活用すれば外国の卸業者や卸サイトを利用できるため、個人でも貿易業をすることは可能です。

ただし、個人と法人にはそれぞれにメリットとデメリットがあるため、起業の際にはどちらの形態にするのかよく考える必要があります。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

貿易業で起業する際のポイント

これから貿易業で起業する際に大切なポイントを解説しましょう。

資金を準備する

貿易業を始めるのであれば資金力はとても重要です。

商品の代金から輸送代金、保険代金、関税などさまざまな費用がかかります。

商品を保管しておくための倉庫や施設を用意する場合はそのための費用も必要です。

資金については自前で用意する方法だけではなく、銀行から融資を受ける、補助金・助成金を活用するといった選択肢もあります。

市場をリサーチしておく

輸入ビジネスと輸出ビジネスのどちらを始めるにしても市場リサーチは必須です。

これから扱いたい商品が本当にニーズのあるものなのか、将来性があるものなのかを探ります。

ある程度の需要があり安定した利益を見込めるものでないと貿易業に失敗するリスクが生じるでしょう。

外国語の対策を考えておく

貿易業を始めるとなれば海外の人達と取引をするため外国語が必要です。

ある程度の語学力がなければきちんと意思の疎通を取ることができなくなりトラブルの原因になります。

逆に考えると確かな語学力があるならば、ライバルと差をつけることができ、有利に貿易業を進められるようになるのです。

また、語学力については外国語のできる従業員を雇う、海外在住のパートナーを探す、翻訳ツールを活用するといった方法でカバーできます。

貿易業には基本的に資格は必要ない

貿易業を始める際には基本的に特別な資格は必要ありません。

ただし、一部の商品については取り扱う際に資格が必要です。

たとえば、アルコールの輸出入をするならば酒税免許を取得します。

医薬品などを扱う場合も免許を取得しなければいけません。

中古品を取り扱う際には古物商の許可が必要です。

貿易業に関連した資格として通関士という国家資格があります。

これは通関業務を行うのに必要な資格であり、貿易業をする場合は直接関係しません。

ただし、通関に関する知識を持っていると貿易業をする上で役立ちます。

扱う商品によっては商標権や特許権、著作権などの知識が必要となることもあるでしょう。

貿易業で起業するのであれば、関連する知識をできるだけたくさん持っておいた方が良いです。

知識を多く持っていて無駄になることはありません。

貿易業の会社を設立するメリット・デメリット

これから貿易業で起業する際には個人で起業するか、会社設立するか2つの選択肢があります。

起業する際に会社設立を選択するメリットとデメリットは下記の通りです。

貿易業の会社を設立するメリット・節税できる
・有限責任になる
・信用されやすくなる
貿易業の会社を設立するデメリット・売上に関係なく法人住民税を課せられる
・社会保険の加入義務がある
・手続きが複雑になる

貿易業の起業で会社設立を選ぶと節税できるようになります。

有限責任となり起業のリスクを軽減できるのもメリットです。

また、会社設立で起業した方が社会的な信用度が高まるため、顧客や金融機関から信頼されやすくなります。

貿易業の起業で会社設立を選ぶデメリットは、売上に関係なく法人住民税を課せられる点です。

また、会社設立の場合は社会保険への加入義務が生じます。

また、会計処理などは法人の方が複雑になるのもデメリットです。

このように貿易業の起業で会社設立を選ぶ場合にメリットとデメリットがあるため注意しましょう。

メリット・デメリットをよく検討した上で正しい選択をしましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

貿易業で起業するのにかかる費用

これから貿易業で起業を始めるのであれば下記のような費用がかかります。

  • 会社設立の手続きにかかる費用
  • 事務所を用意する費用
  • 資本金
  • 従業員を雇うための費用
  • 広告宣伝費
  • 輸出入を行う際の経費

会社設立をする際にはある程度の費用がかかります。

法人免許税や印紙代などが発生するからです。

目安としては株式会社の場合で約25万円、合同会社の場合は約12万円となっています。

自宅以外を事務所にするためには、家賃や備品などの費用がかかるでしょう。

会社設立の際には資本金も必要です。

資本金は1円からでも設立できるのですが、事業資金として重要であり、社会的な信頼にも影響するためある程度の金額を用意しましょう。

他にも従業員を雇うための費用や広告宣伝費、輸出入を行う際の経費などが発生します。

特に輸出入にかかる経費については注意しましょう。

商品代金だけではなく、他にもさまざまな経費が発生するからです。

たとえば、輸出中の事故に備えるために保険に加入すると費用が発生します。

税関を通過させる際にもお金がかかります。

商品の送料も場合によっては高額になるでしょう。

ECモールを利用する場合は手数料が発生します。

このように貿易業を起業して実際にビジネスを始めるとさまざまな名目の費用が生じるのです。

具体的にどのような費用が発生するのかよく確認しておきましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

貿易業での起業は専門家に相談しよう

これから貿易業で起業するならば専門家に相談することをおすすめします。

その理由について説明しましょう。

起業の手続きを自分で行う問題点

貿易業で起業する際には会社設立の手続きを自分で全部行おうとする人がいるかもしれません。

しかし、会社設立の手続きはさまざまな書類を作成する必要があり、専門的な知識も要求されます。

会社設立時に決めたことが起業後に影響を与えることもあり、正しい知識で正しい選択をすることが大切です。

自分で起業の手続きをする場合、下記のようなデメリットが生じます。

  • 手続きに手間がかかり本業に影響する
  • 間違えた選択をする可能性がある
  • 書類の作成などでミスが生じる可能性が高まる

会社設立をする際にはさまざまな書類を用意する必要があり、わからない点は自分で調べなければならず手間がかかります。

起業のための手続きに時間を割くと本業が疎かになるのです。

手続きの準備以外にも貿易業を始めるために必要な準備はたくさんあります。

別のことに時間を割く余裕がなくなるのは大きなデメリットです。

自分で手続きをする際に間違えた選択をするケースもあります。

税金的に不利な選択をするケースもあるのです。

また、書類作成の際にミスが生じるリスクもあるでしょう。

書類に不備や誤りがあれば訂正する必要があり余計に時間がかかります。

貿易業の起業の手続きを自分で行うと上記のようなデメリットがあることを理解しましょう。

貿易業の起業は専門家に任せよう

これから貿易業で起業するならば専門家に任せることをおすすめします。

たとえば、起業のための手続きはほとんど専門家に代行してもらうことが可能です。

起業のための書類の作成から申請まで専門家に任せれば、時間的な余裕が生じるため本業に集中できるでしょう。

また、そもそも貿易業で起業する選択は正しいのか、ビジネスモデルに問題はないのか、会社設立するべきかといった疑問点や不安点についても専門家に相談できます。

起業の専門家であれば、これまで多くに携わってきた多くの事例があり、豊富な経験と知識をもとにして助言してくれるのです。

このような起業の専門家を求めているならば経営サポートプラスアルファをおすすめします。

経営サポートプラスアルファは会社設立の専門家であり、これまで多くの起業をサポートしてきました。

貿易業での起業をサポートすることも可能です。

ぜひお気軽に経営サポートプラスアルファへご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

貿易業で起業する人は増えています。

きちんと市場をリサーチして需要のある商品を扱えば、貿易業での起業は十分に勝算があるでしょう。

起業の際には会社設立をすることをおすすめします。その方がさまざまなメリットがあるからです。
もし、貿易業の起業で会社設立をしたいならば、経営サポートプラスアルファをご利用ください。

経営サポートプラスアルファであれば、貿易業での起業の不安を取り除くことができます。

企業の専門家が揃っており、親身になって寄り添い、起業のサポートをできます。

無料相談やオンライン相談を受け付けているため、お気軽に経営サポートプラスアルファへご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
貿易業で起業したい!手続きの流れから注意するべきポイントまでまとめました!
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。