アパレルで独立するには?独立のパターンやポイント、会社設立の方法などを紹介!

アパレルで独立するには?独立のパターンやポイント、会社設立の方法などを紹介!

アパレルでの独立を考えている人はたくさんいます。

さまざまなパターンがあり、将来性も高い分野だからです。

しかし、きちんと準備をして取り組まないと失敗するリスクもあります。

そこで、アパレルで独立する際のパターンから成功のポイント、会社設立の方法まで解説しましょう。

これからアパレルで独立したい人は参考にしてください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

アパレルの独立パターン

アパレルで独立する際のパターンについて紹介しましょう。

アパレルのネットショップを開業する

アパレルのネットショップを開業するという選択肢があります。

ネットショップであれば店舗を構える必要がなく、気軽に始めることが可能です。

全国の人達をターゲットにして事業を進めることができます。

ネットショップで扱う商品としては、オリジナルのアパレルブランドを作って商品を展開する方法からさまざまなブランドの商品を仕入れて販売するパターンまであるのです。

中には海外からアパレル商品を輸入して販売しているネットショップもあります。

アパレルショップの実店舗を開業する

アパレルショップの実店舗を用意して開業するという方法があります。

この場合は上手く立地を選び、商品のレイアウトや内装なども工夫しなければいけません。

成功すると毎日たくさんの人が訪れて買い物してくれるようになり、大きな売上を見込むことができるでしょう。

ただし、従業員を雇う必要があり、店舗を借りるための家賃も必要となるため、まとまった資金が要求されます。

アパレルのフランチャイズオーナーになる

アパレル独立の方法としてよく選ばれるのがフランチャイズオーナーです。

本部とフランチャイズ契約をして、加盟店のオーナーとして店舗を経営します。

販売する商品はフランチャイズ元から供給され、店舗も用意されるケースが多いです。

そのため、気軽に独立してアパレル経営を始めることができます。

ただし、あくまでもフランチャイズオーナーのため、フランチャイズ元の意向にしたがう必要があり、いろいろと制限があるのはデメリットといえるでしょう。

アパレルの経験を活かしてスタイリストとして独立

アパレルショップで働いてきた経験を活かしてスタイリストになるという独立方法もあります。

これまでアパレルショップで働いてきた経験があるならば、ファッションに関する豊富な知識を有しているはずです。

最新のトレンドも熟知していて、お客さんへのコーディネートをした経験もあるでしょう。

このようなアパレルの経験を活かせる仕事がスタイリストです。

アパレルで独立する方法は店舗で販売するだけではなく、スタイリストという道もあることを意識しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

アパレル業は個人事業主と法人化のどっちが良い?

アパレル業で独立する際には個人事業主と法人化のどちらの方が良いのか、それぞれのメリットとデメリットを紹介しましょう。

個人事業主でアパレル独立するメリット・デメリット

個人事業主としてアパレル独立をするメリットは下記の通りです。

  • 気軽に開業できる
  • 会計処理は簡単

個人事業主としてアパレルで独立するメリットは気軽に開業できる点です。

会社設立をする場合と比較すると簡単な手続きで開業できます。

また、個人事業主は法人と比較すると会計処理が簡単です。

アパレル独立する際に個人事業主を選ぶデメリットは下記の通りです。

  • 社会的な信用が低い
  • 節税できる幅が狭い
  • 資金集めに苦労する

個人事業主はあまり社会的な信用が高くありません。

そのため、顧客に信頼してもらうのに苦労するケースがあります。

また、法人と比較すると節税できる幅が狭いのもデメリットです。

経費にできる項目も法人より少なくなっています。

資金集めに苦労するケースも多いでしょう。

法人と比較すると資金集めの方法が限られているからです。

アパレル独立を法人化で行うメリット・デメリット

アパレル独立で法人化するメリットは下記の通りです。

  • 節税しやすい
  • 社会的な信用を得やすい
  • 資金集めしやすい
  • 従業員を集めやすい

アパレル独立で法人化すると節税しやすくなります。

さまざまな項目を経費にすることが認められているからです。

そのため、個人事業主の頃よりも税金を低くできるケースもあります。

法人には社会的な信用がある点もメリットです。

顧客を集める際や銀行から融資を得る際にも有利になるでしょう。

また、法人化することで資金集めもやりやすくなるのがメリットです。

株式会社であれば株式を発行することができます。

法人向けの助成金や補助金の制度もたくさんあるのです。

従業員を集める際にも法人化している方が有利になるでしょう。

法人の方が安定した経営をしているイメージがあり、安心して働けるからです。

アパレル独立で法人化するデメリットは下記の通りです。

  • 会計処理が複雑になる
  • 社会保険への加入義務がある
  • 会社設立の手続きに手間がかかる

法人化すると厳密な会計処理が求められるため、個人事業主よりも処理は複雑になります。

法人化することで社会保険への加入義務が生じるのもデメリットです。

また、会社設立のための手続きをするのに手間がかかります。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

アパレル独立を成功させるポイント

これからアパレル独立を成功させるためのポイントを紹介しましょう。

ビジネスプランを考えておく

あらかじめビジネスプランを考えてからアパレル独立を検討するべきです。

しっかりとしたビジネスプランがない状態で独立しても失敗する可能性があります。

きちんと市場調査をして、ターゲットから市場ニーズ、強みなどを意識したビジネスプランを考えましょう。

事業資金を用意する

どのようなパターンでアパレル独立をするにしてもある程度の事業資金が必要になります。

銀行からの融資に頼るにしても、審査を有利にするには自己資金を持っておくと有利です。

将来的にアパレル独立を検討するならば、早い段階から貯金をして資金を準備しましょう。

補助金・助成金の活用やクラウドファンディングなどいろいろな方法を駆使して資金を集めると良いです。

プロモーションの方法を考える

アパレルで独立した後はプロモーションをすることが大切です。

いかにして集客をするのかにこだわり、できるだけ多くの人に注目されることを目指しましょう。

ポスティングからSNS、ホームページなどさまざまな方法を活用できます。

効果の高い方法を選ぶことが大切です。

まずは副業から始めるという手もある

いきなりアパレル独立をするのが不安であれば、まずは副業として始めてみることもできます。

ネットショップの開設やホームページの作成、SNSでのプロモーションなどは本業の合間に行うことも可能です。

最初は副業として小さい規模で始めてみて、見込みがありそうであれば本格的な独立を検討しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

アパレル独立で会社設立をするのにかかる費用

アパレル独立で会社設立をする際に必要な費用は下記の通りです。

  • 会社設立の費用
  • 商品の仕入れ代
  • 事務所の維持費
  • 広告宣伝費
  • 採用費用
  • 梱包資材

これからアパレル独立するのであれば上記のような費用がかかるでしょう。

会社設立の費用は株式会社であれば約25万円、合同会社の場合でも約12万円程度はかかります。

さらに資本金を用意しなければいけません。

これらの費用に加えて事務所にかかる費用や広告宣伝費、従業員を雇うための費用も発生するのです。

アパレル独立で会社設立をする流れ

アパレル独立で会社設立をするのであれば、まずはビジネスプランを考えましょう。

次に会社の形態を決めます。

株式会社と合同会社のうちどちらかを選ぶのが一般的です。

会社設立の手続きでは、まず定款を作成します。

その後に定款の認証や資本金の払込などを行い、設立登記の手続きを進めるのです。

会社設立後にもさまざまな手続きが発生します。

このような流れで会社設立をすることができ、その後は実際に事業を開始するという流れです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

アパレル独立後に失敗する原因

アパレル独立に失敗する原因には下記のようなものが考えられます。

  • 他社との差別化を図れなかった
  • 販売場所の選び方を誤った
  • 集客に失敗した
  • コストがかかりすぎた
  • ターゲットのイメージを明確にできなかった

アパレル事業はライバルがたくさんいます。

その中で他社との差別化を図ることができなければ失敗するでしょう。

実店舗の場合は販売場所の選び方を誤ると失敗します。

広告宣伝を上手くできずに集客に失敗するケースも多いです。

安定して売上を得ることができても、コストがかかりすぎて失敗するパターンもあります。

最初にターゲットを明確にイメージできずに失敗することも多いです。

これからアパレル独立をするならば、上記のような失敗の原因を取り除くことを意識しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

アパレル独立は専門家に相談しよう

アパレル独立をしたいならば専門家に相談することをおすすめします。

この点について詳しくみていきましょう。

1人でアパレル独立を進めるのはリスクがある

アパレル独立を1人で進めることには下記のようなリスクがあります。

  • 手続きに手間がかかる
  • 会社設立までに時間がかかる
  • 具体的なビジネスプランを立てられない
  • 会社設立で損をするケースが多い
  • 資金集めに失敗する

1人で会社設立の手続きを進めるのはとても手間がかかります。

その間に別の作業に時間を割くことができなくなるでしょう。

また、1人だと最終的に手続きを完了するまでに時間がかかります。

また、1人でアパレル独立をする場合は、具体的なビジネスプランを立てられないケースが多いです。

ビジネスプランを曖昧な状態のまま、勢いで独立して失敗することはよくあります。

会社設立で税金面などを考慮に入れず損をする選択をするケースは多いです。

せっかく会社設立をしたのに節税に失敗して余計に税金がかかることがあります。

1人で起業すると資金集めに失敗するケースも多いでしょう。

このようにアパレル独立を1人で進めるとさまざまなリスクがあるのです。

アパレル独立を専門家に相談するメリット

アパレル独立を専門家に相談すると下記のようなメリットがあります。

  • 手続きを任せられる
  • 得をする選択ができる
  • 資金集めのサポートを受けられる
  • ビジネスプランについて適切なアドバイスを受けられる

アパレル独立を専門家に相談するとビジネスプランについて適切なアドバイスを受けられます。

会社設立に必要な手続きの代行を依頼することも可能です。会社設立ではさまざまな選択をする必要があり、どの選択をすれば得をするのか助言を得ることもできます。

資金集めについてのサポートも受けられるでしょう。

このようなアパレル独立の専門家を求めているならば経営サポートプラスアルファがおすすめです。

経営サポートプラスアルファであれば会社設立の代行から節税対策、資金集めまで対応できます。

アパレル独立のことは経営サポートプラスアルファに相談しましょう

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

アパレルの独立はさまざまなパターンがあります。

ネットショップの開設から実店舗の開業、あるいはスタイリストとして活躍する道もあるのです。

しっかりとビジネスプランを立てて、開業資金を用意し、専門家にも相談することでアパレル独立を成功させられるでしょう。
もしアパレル独立について専門家の力を借りたい場合には経営サポートプラスアルファにお任せください。

さまざまな分野の起業を応援してきた経営サポートプラスアルファであれば、どのような悩みも解決できます。

無料相談もできる経営サポートプラスアルファへ気軽にご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
アパレルで独立するには?独立のパターンやポイント、会社設立の方法などを紹介!
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。