資本金1円で株式会社を作るのは現実的?1円株式会社の作り方、1円株式会社のメリット・デメリット

資本金1円で株式会社を作るのは現実的?1円株式会社の作り方、1円株式会社のメリット・デメリット

2006年に当時の小泉内閣により施行された「新会社法」によって、株式会社設立のハードルが大きく下がりました。

それまで株式会社を設立するためには、有限会社の場合300万円、株式会社の場合1,000万円の資本金が必要になる最低資本金制度が取り入れられていました。

「新会社法」によってこの最低資本金制度が撤廃され、資本金が1円あれば株式会社を設立することができるようになり、株式会社の設立が容易になったのです。
そのため、資本金1円の「1円株式会社」という言葉がブームとなり、「1円で株式会社を作る方法」など1円株式会社の作り方のノウハウの本やサイトがたくさん世に出回りました。

ここでは実際に1円で株式会社は作れるのか、1円株式会社の作り方について詳しく説明したいと思います。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

株式会社にとって資本金とは?

そもそも資本金とは、株式会社を設立するための元手の資金です。

一般的に資本金の設定額は、初期費用+数か月分の運転資金の合計と言われています。

資本金の額が大きければ、それだけ財力に余裕がある会社とみなされます。
そのため、資本金は会社の体力や規模の目安、またその会社の信頼度として使われる数字です。

なお、資本金には借入した資金を含めることはできません。

銀行や公的機関からの融資だけではなく、親や親族、友人からの借金も除外しなければいけません。

純粋に経営者が用意した自己資金と、株主などの出資者から調達した資金の合計がこの資本金となります。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

1円株式会社の作り方

実は資本金1円で株式会社を作るのも、資本金1,000万円で株式会社を作るのも、手順として大きな差はありません。

資本金1円であっても会社の設立には、法務局、公証役場、税務署など様々な所へ申請が必要になります。

1円で株式会社を作るおおまかな作り方の流れを下記にて説明します。

1.会社の基本事項を決める

まず、提出する書類に記載しなければいけない基本事項を決めておく必要があります。

基本事項は、提出後変更することができますが、手数料がかかり手続きが煩雑なためあまりおすすめできません。

そのため、修正することがないようにしっかりと考えて決めましょう。

【会社の基本事項】

  • 商号(会社名)…同じ住所、同じ名前の会社名は設立できないので、事前にチェックしましょう。
  • 事業所在地…会社の住所によって、管轄の法務局が決まります。自宅を所在地にすることももちろん可能です。
  • 事業内容…どのような事業活動で利益を得ていくのか。
  • 役員…株式会社を設立するには、取締役等の役員を最低1人以上専任する必要があります。

その他にも、資本金の額役員報酬決算期なども決めます。

2.会社の印鑑を作成する

登記登録時には、会社の印鑑を届け出なければいけません

会社の印鑑には、実印となる届出印、銀行口座開設時に必要となる銀行印、業務時の押印用となる角印の3つが基本です。

手続きを行う前に用意しましょう。

3.定款の作成、認証の手続きを行う

定款とは、会社の基本的ルールを盛り込んだものです。

定款には、必ず記載しなければいけない「絶対的記載事項」が決められています。

1つでもかけていると定款自体が無効となってしまうので注意してください。
そのため、司法書士や行政書士などの専門家に作成を依頼することが一般的ですが、自分で作成することも可能です。

作成した定款は、公証役場で公証人により認証をしてもらう必要があります。

4. 資本金の払い込み

資本金の払い込みをする時点では、会社名の銀行口座は作れないため、発起人名義の銀行口座に「振り込み入金」があることが資本金の払い込みにあたります。

資本金が1円であっても、いくら残高があっても「1円以上の振り込み」をおこなわなければいけません。
そして1円以上の振り込みがあったことがわかる通帳のコピー、もしくはweb上での画面のプリントアウトしたものを提出します。

5. 登記手続き

資本金の払い込みが終わったら、登記手続きをおこないます。

株式会社は必ず法務局に登記申請をしなければいけません。

必要な書類は、

  • 株式会社設立登記申請書
  • 定款
  • 発起人の決定書
  • 就任承諾書
  • 取締役の印鑑証明書
  • 資本金の払い込みの証明書
  • 印鑑届出書

などが必要です。

定款の内容によって必要書類が変わるので、申請前に法務局や司法書士など専門家に確認を取りましょう。

申請後、法務局にて審査が完了したら会社成立です。

なお、会社の設立日は登記申請した日となります。

6. 会社設立後の手続き

登記申請が完了したら会社設立となりますが、その後にも年金事務所や税務署、役場への届け出、また法人名義の銀行口座の開設などが必要です。

これらの手続きには法人の登記簿謄本が必要となるため、事前に登記簿謄本を数通取得しておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

1円では会社が作れない!資本金以外にかかる費用は合計30万円前後

資本金1円で株式会社を作ることはできますが、上記で説明した会社設立の手続きにはさまざまな費用が必要です。

少なくても資本金の1円とは別に30万円前後の資金を手元に用意しなければ株式会社を設立することはできません。

・印鑑作成費用 1万~1万5000円

株式会社を設立するには、届出印、各印、銀行印が必要です。

印鑑の業者では、この3つをセットにした「会社設立セット」として用意されているところがあります。

1つずつそろえるよりも割安になっているため、セット販売がおすすめです。

会社の印鑑を作成するなら│「会社印鑑セット専門店『安いんかん』

・定款認証手数料 5万円

公証役場で定款の認証をおこなう際には、手数料として5万円を支払います。
また、紙の定款の場合、別途4万円の収入印紙も必要です。

電子の定款であれば収入印紙は必要ないので、費用を抑えるためには電子定款の方がおすすめです。

・登録免許税 15万円

会社の登記手続きの際には、登録免許税を納めなければいけません。

登録免許税は「資本金の7/1000」と決められています。

この額が15万円に満たない場合は15万円を登録免許税として納めます。

1円株式会社の場合、15万円を納める必要があります。

・司法書士などの専門家に依頼した場合の依頼費用 10万円前後

これらの手続きを司法書士などの専門家に依頼した場合には、依頼費用がかかります。

10万円前後が一般的な相場です。

もちろん自分ですべて手続きをおこなえばこの費用はカットできます。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

資本金1円で株式会社を設立するメリット・デメリット

1円株式会社の作り方を理解したところで、1円株式会社を作るメリットについてお話したいと思います。

実は、1円株式会社のメリットよりもデメリットの方が多いのが現実です。

1円株式会社のメリット

誰でも株式会社を設立できる

それまでは、株式会社を設立するには資本金1,000万円を用意しなければならず、株式会社の設立はハードルが高いものでした。
しかし、1円から株式会社を設立することができるようになったため、まとまったお金が手元になくても、誰でも株式会社を設立することができます。

株式会社を設立するまでの時間が短縮できる

資本金を貯めてから株式会社を作ろうと思うと、手元に資金がない場合貯めるまでの期間を要します。
資本金1円で株式会社を作ろうとすれば、資本金を貯める期間を短縮でき、事業がうまくいけば利益を得ることができます。

消費税が免除される

資本金が1,000万円未満の場合、設立から2年間は消費税の納税義務が免税されます。

消費税の納税は、事業を始めたばかりの会社にとっては負担となるため大きなメリットとなります。

1円株式会社のデメリット

その株式会社の信頼度の低下につながることがある

資本金は、そもそもその株式会社の体力や規模を表すものでもあります。

上場企業だけではなく、非上場企業でも一般的に資本金はホームページの会社概要で公開しています。

ホームページをチェックした時に、資本金が1円と記載されている株式会社の場合、会社の信頼度が低くなる可能性の方が高いです。
ただし、資本金は必ずホームページに記載しなければいけない事項ではありません。
かといって、多くの企業が公開している中非公開であると、やはりそれも会社のイメージダウンにつながることになるでしょう。

資本金が1円だと会社としての信頼度が低下して、企業間との取引などもなかなか成功に結び付かなくかる可能性が高くなります。

・銀行や公的機関からの融資の審査が通りにくい

銀行や公的機関からの融資を受ける際には、資本金や経営者の自己資金が審査の対象となります。

資本金が1円の株式会社は「会社を設立するのに1円しか用意できない」と見なされ返済能力がないと判断されます。

日本政策金融公庫の融資も、融資額の1/10以上の資本金が必要となります。

資本金が1円の場合、融資を受けることはかなり難しくなると考えられます。

・いい人材を集めにくい

就職活動や転職活動時にその会社のホームページの「会社概要」にてその会社の資本金をチェックするのは当たり前になっています。

資本金が1円と500万円の株式会社を比べた時に、企業としての魅力があるのは500万円の株式会社であることは明らかですね。

人材を募集する際にも、資本金が1円であることはマイナスに働きます。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

1円で株式会社を設立後、資本金の変更はできる?

これだけ大きなデメリットがある1円株式会社。
しかし、ビジネスチャンスを逃したくない人や今後の大きな利益が見込めるので、「1円で株式会社を作った後に資本金を増やせばいい」と考えている人もいるかと思います。

もちろん株式会社を設立後、資本金を増やすことは可能です。

実際に少ない資本金で起業した株式会社が後々増資をおこなうことはよくあります。

ただし、増資をする場合法人登記の修正が必要になります。
その際に手数料がかかる、また増資の金額によっては税金が増えることがあるのでこまめに増資するよりは1度に大きな金額を増資した方がいいでしょう。

開業後すぐに軌道にのれば増資をすることもできますが、なかなか軌道に乗らずに増資ができない場合には、資本金1円の状態が長く続くことになることも念頭に入れてしっかりと検討してください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

資本金1円の株式会社って実際あるの?

総務省統計局の調査によると、資本金300万円以上の企業が95%以上という結果が出ています。

資本金300万円以下の企業は4.6%で、ほとんどの会社が300万円以上は資本金を用意しており、資本金1円で起業ができるといっても実際に1円で起業するのはかなりレアケースと言えるでしょう。

それはやはりデメリットの方が大きいことが理由の1つであることは間違いありません。

まとめ 資本金1円の株式会社はデメリット大!資金がない場合には専門家に相談を

一時話題になった「1円株式会社」。

資本金はその会社の体力や規模をはかるものでもあるため、1円で株式会社を設立すると、会社の信頼度が低く、融資や取引に影響が出てデメリットの方が多いように感じます。

手元に資金がない場合、会社の資産となる車やパソコンなどを現物出資として資本金に加えることもできます。

資本金1円で会社を作ろうと考えている方は、事前に会社設立に詳しいプロに相談することをおすすめします。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
資本金1円で株式会社を作るのは現実的?1円株式会社の作り方、1円株式会社のメリット・デメリット
最新情報をチェックしよう!
>最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

最強の会社設立に特化した「メディアサイト」

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順!
家にいながらオンラインで簡単に会社設立 外出自粛に完全対応します!

コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。